ガンを告げる : 討論 家族+医師+法律家

加藤一郎 ほか編

この本は、ガンの告知をめぐるさまざまな問題を考えるために、医師と患者側と法律家が集まって、患者側の体験報告を基調にして議論したことをまとめたものである。患者側としては、夫または妻をガンで亡くした三人、医師としては、内科と麻酔科の専門の方二人、法律家としては民法ないし医事法の者二人がこれに参加した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 愛から悲しみをのりこえて-家族からの体験報告
  • 第2部 いま、ガンはどこまで治せるか-医療の最前線
  • 第3部 ガンはなぜ告げにくいか-ディスカッション
  • 第4部 アメリカではなぜ告知が進んだか-アメリカの現状報告
  • 第5部 ガンを知らせる条件をつくる-ディスカッション
  • まとめ 生きるよろこびを求めて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガンを告げる : 討論 家族+医師+法律家
著作者等 加藤 一郎
新美 育文
水口 公信
高久 史麿
書名ヨミ ガン オ ツゲル
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.3
ページ数 179p
大きさ 19cm
ISBN 4641075174
NCID BN02014045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88032066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想