大鏡 ; 栄花物語

河北騰編

この本の情報

書名 大鏡 ; 栄花物語
著作者等 河北 騰
書名ヨミ オオカガミ ; エイガ モノガタリ
シリーズ名 日本文学研究大成
出版元 国書刊行会
刊行年月 1988.2
ページ数 352p
大きさ 22cm
NCID BN02012924
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『大鏡』における語法の位相(一) 保坂弘司
『栄花物語』の方法 高橋伸幸
『栄花物語』の歴史叙述をめぐって 山中裕
『栄花物語』正篇における歴史叙述の時間 : 「かくて」の機能をめぐって 渡瀬茂
出羽弁の生涯 松村博司
大鏡 竹鼻績
大鏡の「語り」 阪倉篤義
大鏡の係結びについて 小久保祟明
大鏡の成立年代について : 竹鼻績・赤松俊秀両氏説をめぐって 増渕勝一
大鏡の批判性についての一考察 河北 騰
大鏡の文芸性 : 花山院御退位の記事について 松本治久
大鏡の文芸性について 峯村文人
大鏡の表現 渡辺実
大鏡構成と怪異現象 塚原鉄雄
大鏡系図「覚書」 根本敬三
栄花物語に於ける説話の特質 河北 騰
栄花物語の方法 : その<編年体>を中心として 池田尚隆
栄花物語を読む : その文面から系図を読みとるための国語学的方法 時枝誠記
栄花物語・大鏡に現われた安和の変 山中裕
栄花物語作者についての試論 : 中の関白家に関する記事をめぐって 斎藤熙子
栄花物語正篇における<みかど>造型上の問題(一) : その性格・資質等に関する記述を中心に 中村康夫
栄花物語正編の記述の誤りをめぐって 加納重文
栄花物語続篇成立に関する一試論 加藤静子
歴史物語の発生とその由来 松村博司
藤原道雅の「狂言」 関口力
虚構<同時代史>の語り手 : 『大鏡』作者のおもかげ 益田勝実
赤染衛門伝の輪廓 岡崎知子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想