日中戦争史

秦郁彦 著

日中戦争研究の古典的名著。精密な資料調査と厳格な資料批判に基づいて書かれ、1961年刊行以来、先駆的業績として定評のある同書を、最新の文献一覧を新たに収録して復刊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 梅津・何応欽協定
  • 第2章 河北分離工作の失敗
  • 第3章 日中戦争-和平工作と講和条件をめぐって
  • 第4章 盧溝橋事件-七月七日夜から八日夜まで
  • 第5章 日中戦争における拡大派と不拡大派
  • 第6章 日中戦争をめぐる列国の動向
  • 第7章 軍事作戦概史
  • 第8章 戦前期における日本の海外投資の展開過程

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中戦争史
著作者等 秦 郁彦
書名ヨミ ニッチュウ センソウシ
出版元 河出書房新社
刊行年月 1972
版表示 増補改訂版.
ページ数 387, 6, 6p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-309-22548-7
NCID BB06232418
BN01988681
BN02007560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73005050
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想