マンガ批評宣言

米沢嘉博 編

マンガにはマンガ固有の内的論理が存在している。しかし、それは残念なことに、これまで分析もされてこなかったし、マンガに固有の言葉で批評もされてこなかった。本書は、こうした認識のうえにたって、マンガを内側から批評の言語として語り出そうとする試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 消化のスピード、喚起の力-マンガの現在を求めて
  • 愛の時間-いかにして漫画は一般的討議を拒絶するか
  • 誰を、どう見分けるか?-漫画におけるキャラクターの根拠
  • マンガ批評の現在-新しき科学主義への綱わたり
  • 同一性のたえざる反復-『めぞん一刻』論
  • なにが「気分」か?-『気分はもう戦争』をめぐる戦略問題
  • 変換の機微-『がきデカ』再論
  • 嘘と力と力の嘘-大島弓子と、そのいくつかの政治学
  • マンガの快楽-風景・線・女体・グロテスク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガ批評宣言
著作者等 米沢 嘉博
書名ヨミ マンガ ヒヒョウ センゲン
書名別名 Manga hihyo sengen
出版元 亜紀書房
刊行年月 1987.2
ページ数 199, 34p
大きさ 22cm
NCID BN02002341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87055003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想