ジェボンス経済学の理論

小泉信三, 寺尾琢磨, 永田清 共訳

附録: 著者の利子理論に関する編者の註 他4篇

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 譯者序 / 1
  • 解題 / 1
  • 第一版への序文 / 1
  • 第二版への序文 / 7
  • 第三版への序文 / 52
  • 第四版への序文 / 54
  • 第一章 緒論 / 1
  • 緒論 / 1
  • 斯學の數學的性格 / 3
  • 數學的諸科學と精密諸科學との混同 / 6
  • 精密測定の可能性 / 8
  • 感情及び諸動機の測定 / 14
  • 經濟學の論理的方法 / 18
  • 經濟學の倫理學に對する關係 / 26
  • 第二章 快樂及び苦痛の理論 / 33
  • 量としての快樂及び苦痛 / 33
  • 快樂の負量、苦痛 / 37
  • 豫想せられたる感情 / 39
  • 將來の出來事の不確實性 / 41
  • 第三章 效用の理論 / 43
  • 用語の定義 / 43
  • 人間欲望の諸法則 / 45
  • 效用は固有の質にあらず / 50
  • 效用變動の法則 / 52
  • 全部效用及び效用度 / 56
  • 最終效用度の變動 / 60
  • 反效用と反貨物 / 65
  • 一貨物の樣々なる用途への配分 / 67
  • 諸經濟量の次元の理論 / 70
  • 現實的效用、豫想的效用及び潛在的效用 / 78
  • 一貨物の時間上に於ける配分 / 81
  • 第四章 交換理論 / 87
  • 經濟學に於ける交換の重要性 / 87
  • 價値なる語の曖昧さ / 88
  • 價値は交換比率を示す / 90
  • 價値なる名辭の通俗的用法 / 91
  • 價値の次元 / 96
  • 市場の定義 / 98
  • 交換團體の定義 / 102
  • 無差別の法則 / 104
  • 交換理論 / 109
  • 交換理論の記號的敍述 / 112
  • 梃子の理論との類似 / 116
  • 交換理論の例證 / 123
  • 交換理論に於ける諸問題 / 127
  • 交換理論の複雜なる事例 / 130
  • 交換に於ける競爭 / 133
  • 交換方程式の不成立 / 135
  • 負の價値と零の價値 / 144
  • 貨物の等價 / 152
  • 貨物の取得效用 / 156
  • 交換による利益 / 161
  • 效用法則の數字的決定 / 165
  • 價額變動に關する諸説 / 167
  • 穀價の變動 / 171
  • 價値の起原 / 182
  • 第五章 勞働理論 / 189
  • 勞働の定義 / 189
  • 勞働の數量的概念 / 192
  • 勞働理論の記號的記述 / 197
  • 勞働の次元 / 200
  • 欲求と勞働との均衡 / 202
  • 勞働の分配 / 206
  • 勞働理論と交換理論との關係 / 209
  • 經濟量の諸關係 / 213
  • 勞働理論の種々なる場合 / 217
  • 結合生産 / 222
  • 過剩生産 / 228
  • 勞働強度の限界 / 229
  • 第六章 地代理論 / 237
  • 地代に關する通説 / 237
  • 地代理論の記號的説明 / 242
  • 地代理論の圖解 / 247
  • 第七章 資本理論 / 251
  • 資本の機能 / 251
  • 資本は時間に關係する / 253
  • 資本に關する數量的概念 / 258
  • 投資額の表式 / 261
  • 資本、信用及び債務の次元 / 263
  • 仕事の繼續期間の結果 / 265
  • 資本投下の説明 / 268
  • 固定資本と流動資本 / 272
  • 自由資本と投下資本 / 273
  • 利率の均等性 / 274
  • 利率の一般的表式 / 275
  • 利子の次元 / 277
  • 利子の次元に關するピイコックの説 / 281
  • 利潤が最小となる傾向 / 284
  • 産業に對する資本の利益 / 287
  • 消費者の手中にある財貨は資本なりや / 290
  • 第八章 結論 / 299
  • 人口論 / 299
  • 勞銀と利潤との關係 / 300
  • ハアン教授の見解 / 306
  • 權威の有害なる影響 / 308
  • 附録一 著者の利子理論に關する編者の註 / 311
  • 附録二 資本に關する一斷片。著者の「經濟學原理」第二十五章の基礎たるべく意圖されたるもの / 329
  • 資本投下 / 331
  • 資本投下の諸利益 / 334
  • 教育に投ぜられたる資本 / 337
  • 附録三 經濟學の一般的數學的理論の概要 / 341
  • 附録四 この書の著者による經濟問題に關する著作及び論文集 / 357
  • 附録五 數理經濟學の著書、論文及びその他著作表 / 369

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ジェボンス経済学の理論
著作者等 Jevons, William Stanley
寺尾 琢磨
小泉 信三
永田 清
書名ヨミ ジェボンス ケイザイガク ノ リロン
シリーズ名 数理経済学叢書
出版元 日本評論社
刊行年月 昭和19
ページ数 334p
大きさ 22cm
NCID BN02001098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46010582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想