オデュッセイア  下

ホメロス [著] ; 松平千秋 訳

(下)には第一三歌から第二四歌を収める。怪物たちとの戦いや冥界訪問など、オデュツセウス自身の語る奇怪な漂流冒険譚は終わりを告げて、物語はいよいよ、オデュツセウスの帰国、そして復讐というクライマックスへと突き進んでゆく。

「BOOKデータベース」より

(下)には第一三歌から第二四歌を収める。怪物たちとの戦いや冥界訪問など、オデュッセウス自身の語る奇怪な漂流冒険譚は終わりを告げて、物語はいよいよ、オデュッセウスの帰国、そして復讐というクライマックスへと突き進んでゆく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オデュッセイア
著作者等 Homer
Homēros
呉 茂一
松平 千秋
高津 春繁
Homeros
ホメロス
書名ヨミ オデュッセイア
書名別名 Odysseia

Odyusseia
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.9
ページ数 349, 16p
大きさ 15cm
ISBN 4003210255
NCID BA63679301
BN01994527
BN11307667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想