オイディプス王

ソポクレス 著 ; 藤沢令夫 訳

オイディプスが先王殺害犯人の探索を烈しい呪いの言葉とともに命ずる発端から恐るべき真相発見の破局へとすべてを集中させてゆく緊密な劇的構成。発端の自信に満ちた誇り高い王オイディプスと運命の運転に打ちひしがれた弱い人間オイディプスとの鮮やかな対比。数多いギリシア悲劇のなかでも、古来傑作の誉れ高い作品である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 凡例・まえがき / 3
  • プロロゴス / 17
  • パロドス / 26
  • 第一 エペイソディオン / 30
  • 第一 スタシモン / 45
  • 第二 エペイソディオン / 48
  • 第二 スタシモン / 70
  • 第三 エペイソディオン / 72
  • 第三 スタシモン / 84
  • 第四 エペイソディオン / 86
  • 第四 スタシモン / 92
  • エクソドス / 94
  • 解説 / 113

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 オイディプス王
著作者等 Sophocles
藤沢 令夫
ソポクレス
書名ヨミ オイディプスオウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1967
版表示 改版
ページ数 134p
大きさ 15cm
ISBN 4003210522
NCID BA45280300
BN01994174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67009202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想