エピクロスの園

アナトール・フランス 著 ; 大塚幸男 訳

作家アナトール・フランスは思想的には懐疑主義の流れを継ぐ自由思想家といわれる。本書はその随想集。宇宙全体がはしばみの実くらいに縮んだとしても、人類はそれに気づくことはないだろうという「星」をはじめ、さまざまな題材を用いて洒脱にその人生観を述べている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 断章
  • 女子修道院について
  • 昨晩、アルファベットの起原について幽霊と交わした対話
  • 女子教育について
  • 奇蹟について
  • カルタの城
  • エリュシオンの野にて
  • アリストとポリフィル-形而上学的言葉づかい
  • 小修道院にて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エピクロスの園
著作者等 France, Anatole
大塚 幸男
フランス アナトール
書名ヨミ エピクロス ノ ソノ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1974
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 4003254368
NCID BN01987623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75026041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想