法社会学における法の存在構造

川島武宜 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 法社會學における法の存在構造 / 9
  • 民俗學と法社會學 / 41
  • 法社會學と言語 / 57
  • 社會學における計量的方法の意義とその限界 法社會學者の視點から / 77
  • 市民社會における法と倫理 民法を中心として / 97
  • 封建的契約とその解體 / 183
  • 官廳土建請負契約の「片務契約」的性質について / 227
  • 勞働法の特殊性と勞働法學の課題 / 245
  • 生産管理の違法性と合法性 / 267
  • カネオヤについて / 289

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 法社会学における法の存在構造
著作者等 川島 武宜
書名ヨミ ホウシャカイガク ニ オケル ホウ ノ ソンザイ コウゾウ
出版元 日本評論社
刊行年月 1950
ページ数 301p
大きさ 22cm
NCID BN01983917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50002491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想