苦の世界

宇野浩二 著

情にもろく貧乏で意気地なしの無名の画家を主人公とし、わがままでヒステリーの芸妓上りの妻との交渉を、軽妙な饒舌体で描いた自伝的作品。二人を囲む人物もみな善良で不幸な人びとばかり。人間の愚かさと悲しさをユーモラスに描いたこの作品は、『蔵の中』とともに作者(1891‐1961)の出世作となった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 苦の世界
著作者等 宇野 浩二
書名ヨミ ク ノ セカイ
書名別名 Ku no sekai
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1972
版表示 改版.
ページ数 368p
大きさ 15cm
ISBN 4003106814
NCID BN00950220
BN01978972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75000733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想