実際的教育学

沢柳政太郎 著 ; 滑川道夫, 中内敏夫 共編

[目次]

  • 目次
  • 一 実際的教育学 / p9
  • 第一篇 概論 / p9
  • 第一章 従来の教育学を論ず / p9
  • 第一節 従来の教育学はあまりにも空漠である / p9
  • 第二節 従来の教育学はあまりに実際と没交渉である / p15
  • 第三節 従来の教育学はその説く所あまりに区々である / p23
  • 第四節 従来の教育学は教育上の大問題に触れない / p26
  • 第五節 従来の教育学は教育学の系統上入門若しくは序論と称すべきものである / p28
  • 第六節 従来の教育学は大体の教育的思想を養ふに過ぎないものである / p30
  • 第二章 実際的教育学の成立すべき理由 / p33
  • 第一節 教育の事実は研究を要する一大現象である / p33
  • 第二節 教育の事実は現に一大系統を為している / p35
  • 第三節 実際的教育学は初めて科学的と称することが出来る / p39
  • 第四節 実際的教育学は初めて従来の教育学に対する非難を免れることが出来る / p40
  • 第三章 教育の事実 / p41
  • 第一節 教育についての従来の意義を論ず / p41
  • 第二節 教育学に於て対象とする教育の事実は学校教育に限る / p43
  • 第三節 教育学に於て対象とする教育の事実は学校教育中の普通教育を指す / p44
  • 第四章 教育の目的 / p48
  • 第一節 概論 / p48
  • 第二節 小学校教育の目的 / p50
  • 第三節 中学校の目的 / p57
  • 第四節 高等女学校の目的 / p59
  • 第五章 教育の制限(略) / p63
  • 第六章 学校論 / p64
  • 第一節 学校の性質 / p64
  • 第七章 学級論(略) / p68
  • 第八章 教師論 / p68
  • 第一節 教師の資格 / p68
  • 第二節 教師の任務 / p68
  • 第九章 児童および生徒論 / p69
  • 第一節 小学児童 / p69
  • 第二篇 知識技能の教育 / p71
  • 第十章 教授の任務 / p71
  • 第一節 概論 / p71
  • 第二節 実質的任務 / p73
  • 第三節 形式的任務 / p77
  • 第四節 修身科について / p79
  • 第五節 国語科について / p83
  • 第六節 図画・唱歌及び体操科について / p85
  • 第十一章 教授材料の種類即ち教科論 / p87
  • 第一節 小学校の教科 / p87
  • 第二節 中学校の資料 / p90
  • 第十二章 教授材料の程度及び配当 / p92
  • 第一節 教科の程度 / p92
  • 第二節 教科の配当 / p96
  • 第三節 教授の中止即ち放課及び休暇 / p97
  • 第十三章 教授の用具殊に教科書論(略) / p99
  • 第十四章 教授効果の段階及びその測定 / p99
  • 第十一節 教育の効果に関する非難 / p99
  • 第三篇 徳性の教育 / p102
  • 第十五章 訓練総論 / p102
  • 第一節 従来の訓育論を論ず / p102
  • 第二節 訓練の実際的研究の必要 / p103
  • 第三節 訓練の制限 / p106
  • 第十六章 訓練の方法 / p107
  • 第一節 賞罰 / p107
  • 第二節 訓練の方法としての教授 / p108
  • 第三節 その他の方法 / p117
  • 第十七章 訓練の機会(略) / p119
  • 第十八章 訓練と教育者(略) / p119
  • 第十九章 訓練効果の段階 / p119
  • 第一節 訓練の効果には段階がないか / p119
  • 第二節 人物の考定 / p120
  • 第三節 卒業と訓練 / p122
  • 第四篇 身体の発育 / p123
  • 第二十章 体育概論 / p123
  • 第一節 養護論 / p123
  • 第二十一章 体育の直接方法(略) / p125
  • 第二十二章 体育の間接方法(略) / p125
  • 結言 / p126
  • 二 講演記録雑誌論文 / p127
  • 改正小学校令に対する批評を論ず / p127
  • 我が小学教育の特長 / p134
  • 公私学校比較論 / p139
  • 第一章 生徒に関する観察 / p140
  • 第二章 学科に関する観察 / p145
  • 第三章 教育に関する観察 / p147
  • 第四章 学校維持及び設備に関する観察 / p149
  • 第五章 学校管理に関する観察 / p151
  • 第六章 私立学校の改良を論ず / p153
  • 第七章 公立学校の存廃を論ず / p155
  • 特設科としての修身教授は尋常四年より始むべきの議 / p159
  • 再び修身教授は尋常四学年より始むべきを論ず(反対論者に答ふ) / p162
  • 文化的汎亜細亜主義を提唱す / p168
  • 天下の中学生に檄す / p181
  • 沢柳政太郎の人と業績(解説) / p191
  • 年譜 / p209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実際的教育学
著作者等 中内 敏夫
勝田 守一
梅根 悟
沢柳 政太郎
滑川 道夫
書名ヨミ ジッサイテキ キョウイクガク
書名別名 Jissaiteki kyoikugaku
シリーズ名 世界教育学選集 ; 第22
出版元 明治図書
刊行年月 1962
版表示 再版
ページ数 214p 図版
大きさ 22cm
NCID BN01974268
BN06917410
BN12904796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62006141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想