言語表現と象徴

エドモン・オルティグ 著 ; 宇波彰 訳

言語表現と象徴の役割とその関係を初源的な領域にまで遡って本書は、レヴィ・ストロースの構造主義人類学、ラカンの精神分析、バンヴェニストの言語理論を早くから導入した言語論・象徴論の必読文献である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 表現と意味作用
  • 2 言語学的問題
  • 3 象徴(サンボル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語表現と象徴
著作者等 Ortigues, Edmond
宇波 彰
オルティグ エドモン
書名ヨミ ゲンゴ ヒョウゲン ト ショウチョウ
出版元 せりか書房
刊行年月 1970
版表示 第2刷
ページ数 342p
大きさ 20cm
NCID BA30074826
BN01955671
BN06641080
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75003684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想