DNAから遺伝子へ : 生命の鍵をにぎる巨大分子

石川統 著

遺伝の情報はよく生物の設計図にたとえられる。この本はまず、その設計図がどのようにして発見され、その性質がどのようにして明らかにされてきたかについて述べ、次にそこに描かれている設計図の内容を一部紹介しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 DNAの発見
  • 第2章 遺伝子
  • 第3章 DNAとはなにか
  • 第4章 遺伝子としてのDNA
  • 第5章 遺伝子でないDNA
  • 第6章 発生とDNA
  • 第7章 DNAの組換え

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNAから遺伝子へ : 生命の鍵をにぎる巨大分子
著作者等 石川 統
書名ヨミ ディーエヌエイ カラ イデンシ エ
シリーズ名 科学のとびら 1
出版元 東京化学同人
刊行年月 1988.2
ページ数 215, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4807912410
NCID BN01954613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88025853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想