犯罪とメディア文化 : 逸脱イメージはつくられる

仲村祥一 編

テレビや新聞、週刊誌にとって犯罪は「売れる」事件であり、センセーショナルな事件報道の格好の素材となる。マスメディアは、さらに事件を作為したりワイドショーや犯罪ドラマに仕立てて、日夜、現代人のゴシップ好みを刺激する。本書は、犯罪とマスメディアのこのようなドラマ的関係を明らかにするとともに、犯罪情報を好んで消費する大衆の心情をとらえて、現代のメディア文化の特質を探り出すユニークな試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 マスメディアと犯罪
  • 1 メディア空間のパトロジー
  • 2 少年非行とマスメディア
  • 3 女性犯罪とテレビ
  • 4 企業小説とサラリーマンの犯罪
  • 5 政治犯罪とマスメディア
  • 6 事件報道の歴史から
  • 7 事件報道の現場から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪とメディア文化 : 逸脱イメージはつくられる
著作者等 仲村 祥一
書名ヨミ ハンザイ ト メディア ブンカ
書名別名 Hanzai to media bunka
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1988.2
ページ数 258, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4641180806
NCID BN01952571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88026787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想