江戸氏の研究

萩原龍夫 編

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 1
  • 江戸氏の発展と衰退 杉山博
  • 一 古代の武蔵と江戸 / 11
  • 武士の発生とその叛乱 / 11
  • 庄園の生成 / 24
  • 二 鎌倉幕府と江戸氏の発展 / 33
  • 鎌倉幕府の成立 / 33
  • 江戸氏の発展 / 44
  • 三 関東の諸乱と江戸氏の衰退 / 55
  • 南北朝の内乱(一) / 55
  • 南北朝の内乱(二) / 64
  • 氏満・満兼時代の江戸氏 / 73
  • 持氏時代の江戸氏 / 82
  • 江戸蒲田氏の研究 門馬義芳
  • 一 鵜ノ木光明寺の板碑 / 92
  • 二 大慈恩寺文書と江戸蒲田氏 / 94
  • 三 平賀本土寺大過去帳所蔵の「江戸蒲田氏」 / 97
  • 四 『日晴記』と妙典寺開基蒲田四郎入道道儀 / 103
  • 五 赤城神社の大般若経 / 104
  • 六 江戸蒲田氏と江戸城撤退 / 108
  • 七 「小田原衆所領役帳」における江戸氏 / 108
  • 八 六郷殿と江戸蒲田氏 / 112
  • 九 相馬中村藩『衆臣家譜』所載の「蒲田」 / 115
  • 一〇 円真寺と六郷殿供養塔 / 118
  • 武蔵江戸氏をめぐる諸研究
  • 江戸神社考 前島康彦 / 123
  • 各地の江戸氏 前島康彦 / 135
  • 上州の江戸氏(小野姓) / 136
  • 出雲の江戸氏(長田城主) / 137
  • 伊予の江戸氏 / 140
  • 阿波の江戸氏 / 142
  • 喜多見二万石の没落 林陸郎 / 144
  • 阿波国伊月の江戸氏 別所光一
  • 一 東京港区龍原寺に遺る伊月江戸氏の墓 / 153
  • 二 阿波伊月におけるその後の江戸氏 / 162
  • はじめに / 162
  • 天文五年阿波国阿波郡伊月村に移った江戸氏 / 162
  • 伊月江戸氏の家系図「成立家録書」について / 163
  • 江戸氏を継いだ重長の家系 / 164
  • 三 江戸に上った伊月氏(江戸氏) / 167
  • 伊月家九代まで / 167
  • 系図にみえない伊月氏の跡を追って / 168
  • 伊月氏ふたたび江戸氏に復す / 169
  • 江東家の「成立家録書」 / 170
  • むすび / 173
  • 常陸の江戸氏 藤木久志
  • はじめに--前史-- / 177
  • 藤原姓江戸氏の源流 / 177
  • 上杉禅秀の乱と大掾氏 / 178
  • 江戸通房の水戸占拠 / 181
  • 江戸通房水戸に入る / 181
  • 河和田から水戸へ / 183
  • 江戸通房と佐竹実定 / 185
  • 通房の子女 / 186
  • 江戸氏の発展 / 189
  • 江戸軍記 / 189
  • 佐竹の乱と江戸通雅 / 192
  • 江戸氏の佐竹領進出 / 196
  • 一家同位の誓い / 200
  • 古河公方と江戸氏 / 202
  • 天文の戦 / 203
  • 南部への対策 / 206
  • 江戸重通 / 210
  • 永禄期の常陸 / 210
  • 江戸重通の嗣立 / 212
  • 南部進出 / 214
  • 府中合戦 / 215
  • 神生の乱 / 217
  • おわりに--滅亡-- / 222
  • 水戸落城 / 222
  • 江戸重通の末流 / 227
  • 武蔵江戸氏研究の成果と課題 萩原龍夫
  • 一 江戸氏研究史 / 233
  • 二 鎌倉幕府と江戸氏 / 242
  • 三 南北朝期の江戸氏 / 248
  • 四 室町前期の江戸氏 / 252
  • 五 後北条氏と江戸氏 / 254
  • 六 木田見系江戸氏 / 261
  • 七 近世初期の江戸氏 / 267
  • 武蔵江戸氏関係文書集 前島康彦 杉山博 萩原龍夫 / 273
  • 常陸江戸氏関係文書集 柴辻俊六 / 315
  • 関係年譜 / 345
  • 武蔵江戸氏系図集 / 355

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 江戸氏の研究
著作者等 萩原 竜夫
書名ヨミ エドシ ノ ケンキュウ
シリーズ名 関東武士研究叢書 ; 第1巻
出版元 名著
刊行年月 1977.7
ページ数 354p 図
大きさ 22cm
ISBN 4626015204
NCID BN01949533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
77012141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想