脳と人間の生物学 : 自然科学としての人間学

伊藤薫 著

科学技術の進歩により人類の生活に大きな変化が起きているが、この時点において、"人間とは何か"を学び、知ることは大変重要なことである。本書は、人間性を理解するために、発生、遺伝、成長、行動などのさまざまな生命活動を、特に脳の機構と関連させて、総合的に、かつわかりやすく解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間の由来
  • 2 生命と分子-生命の物質的基礎
  • 3 細胞としての生命
  • 4 人間の個体発生
  • 5 生命の遺伝的支配-ヒトの遺伝
  • 6 人間の成長と生命の均衡-ホルモンの役割
  • 7 脳と神経系
  • 8 バイオリズムと脳-生命の周期的活動
  • 9 行動と脳-反射と本能行動
  • 10 脳と人間-脳と心 人間の自然性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳と人間の生物学 : 自然科学としての人間学
著作者等 伊藤 薫
書名ヨミ ノウ ト ニンゲン ノ セイブツガク
書名別名 No to ningen no seibutsugaku
出版元 培風館
刊行年月 1988.1
ページ数 233p
大きさ 21cm
ISBN 4563038709
NCID BN01941407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88021155
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想