ツヴァイク全集  16

ツヴァイク S.【著】<Zweig Stefan>;関 楠生;河原 忠彦【訳】

世界周航という人類の知識の獲得に一身を捧げた人物、マゼラン。待望のマゼラン海峡を発見し、前人未踏の太平洋を横断しながら、フィリピンの島で非業の最期を遂げる。その生涯が比較的知られていなかった人物の、栄光と悲惨を描き出す。平凡なセビーリャ市民であったアメリゴ。新大陸発見の航海に加わった彼の報告から、本人の知らぬまに歴史の偶然にもてあそばれて、アメリカの名付親になるという法外な名声を荷うことになる。推理小説に比する伝記小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ツヴァイク全集
著作者等 Zweig, Stefan
河原 忠彦
関 楠生
ツヴァイク S.
書名ヨミ ツヴァイク ゼンシュウ
書名別名 マゼラン,アメリゴ
巻冊次 16
出版元 みすず書房
刊行年月 1972
ページ数 378p 肖像
大きさ 18cm
ISBN 462204661X
NCID BN01941065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75029959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
マゼラン,アメリゴ 河原忠彦, 関楠生
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想