豊臣秀吉 : 南蛮人の記録による

岡本良知 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 南蛮記録の巻 / p2
  • 南蛮人、大いに評判を得る / p2
  • ルイス-フロイスの手紙 / p5
  • 秘録の発見 / p9
  • 「西洋かぶれ」についてのはじめての報告 / p13
  • カルサンを着けて牛肉を食う秀吉 / p17
  • 南蛮ハイカラ発祥の地 / p21
  • 珍重された舶来品 / p25
  • 南蛮趣味の限界 / p28
  • 歴史の記録としての南蛮屏風 / p32
  • 南蛮屏風に描かれた十六世紀末の日本 / p35
  • 権力者の道楽の巻 / p40
  • 秀吉の諸城 / p40
  • 三百八十年前の大坂 / p42
  • 数万の上流人士たちの人夫仕事 / p47
  • 関白殿との謁見 / p50
  • 関白殿は語る / p55
  • 関白殿、みずから天主閣を案内す / p59
  • 見目麗しい娘を探しだして・・・・・・ / p65
  • 天主閣上の関白殿と南蛮人 / p67
  • 関白殿の私室にて / p71
  • 「秀吉は愉快そうな顔つきで別れの言葉をいうた」 / p74
  • かぎりなき貪欲の意味 / p76
  • 悦楽の集積を意味するジュラキの都 / p81
  • 「上のミヤコ」における都市づくり / p84
  • 厩や厠にいたるまで黄金塗り / p87
  • 清爽の極致である庭園 / p92
  • 城郭都市にたいする南蛮人の批判 / p93
  • 南蛮人の民族的自負 / p97
  • 朝鮮征伐の本営を訪ねる / p100
  • 朝鮮に熊川城を訪ねる / p106
  • オランカイの謎の巻 / p113
  • 加藤清正軍、東満州に入る / p113
  • 朝鮮から富士山が見える! / p116
  • 通訳後藤二郎の証言 / p121
  • 東満州は蝦夷のことか / p123
  • 朝鮮人インテリの懐疑 / p126
  • 南蛮人の推理 / p129
  • 南北逆さまの世界地図 / p133
  • 松前藩士と朝鮮人からの情報 / p135
  • 南蛮人の北方解釈 / p139
  • 北方航路が残されている / p142
  • 浄得寺所蔵「世界図屏風」 / p148
  • 北方への関心を抱く家康 / p151
  • 蝦夷地を訪れた南蛮人 / p154
  • 「夢のまた夢」の巻 / p158
  • ポルトガル人の秀吉伝 / p158
  • 「樹木の下」藤吉郎の時代 / p161
  • 「森の上の翼」筑前の時代 / p165
  • 明智反乱におけるチャンス / p168
  • 関白殿から太閤様へ / p172
  • 卑猥なる欲望のキリスト教迫害 / p175
  • 秀吉の終焉 / p181
  • 関係文献 / p184
  • 関係略年表 / p185

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 豊臣秀吉 : 南蛮人の記録による
著作者等 岡本 良知
書名ヨミ トヨトミ ヒデヨシ : ナンバンジン ノ キロク ニ ヨル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1963
ページ数 190p (図版共)
大きさ 18cm
NCID BN01937363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64004066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想