ゾルゲ事件 : 尾崎秀実の理想と挫折

尾崎秀樹 著

[目次]

  • 目次
  • プロローグ / p3
  • ある魂の形成-尾崎秀実 / p9
  • 『夜明け前』の風土
  • 植民地台湾の日々
  • 『共産党宣言』にドグマを見た時代
  • 大阪朝日の支那部に勤務
  • 兄嫁英子との恋愛と結婚
  • 上海へ
  • 戦争と革命の世代-リヒァルト・ゾルゲ / p35
  • 祖父の血筋
  • 第一次大戦の塹壕のなかで
  • キール軍港の水兵蜂起
  • フランクフルト大学講師
  • コミンテルン要員としてモスクワへ
  • ゾルゲ(ゾンター)の著書
  • 情報活動の場として中国を選ぶ
  • 上海にて / p69
  • 中国革命のルツボ
  • 魯迅が認めた「ドイツ語のできる新聞記者」
  • 赤い色の散歩服を着たスメドレー
  • 尾崎とゾルゲの邂逅
  • 日本帰国
  • 事件の群像 / p97
  • 舞台は東京へ
  • スメドレー来日
  • ドイツ大使を信頼させたゾルゲ
  • 近衛内閣の有能なブレーン
  • 独ソ開戦の有力情報
  • 「日本の対ソ攻撃なし」
  • 身辺にせまる危険
  • 検挙
  • 獄中獄外 / p129
  • 「今度こそやられた!」
  • なんと明快で楽天的
  • 「モスクワ当局」
  • 尾崎の転向と『白雲録』
  • ゾルゲを対ソ工作に利用
  • ユートピアの挫折 / p153
  • 大いなる時代なるかな
  • 尾崎の世界情勢分析
  • 「東亜永遠の新秩序」
  • ユートピアの実態
  • 天皇制打倒は不適当
  • 近衛文麿の上奏文
  • 生きている亡霊 / p177
  • 『愛情はふる星のごとく』
  • ウイロビー報告の波紋
  • 伊藤律はユダか
  • 争う共産党地下指導部
  • 現代史の黒い影
  • 私のゾルゲ事件-エピローグ / p197
  • 付 ゾルゲ事件略年表 / p206
  • ゾルゲ事件の主要関係者一覧
  • ゾルゲ事件を知るための著書10選

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ゾルゲ事件 : 尾崎秀実の理想と挫折
著作者等 尾崎 秀樹
書名ヨミ ゾルゲ ジケン : オザキ ホツミ ノ リソウ ト ザセツ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1963
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 4121000080
NCID BN01937272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63001591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想