音楽ノート

フルトヴェングラー [著] ; 芦津丈夫 訳

フルトヴェングラー、この伝説化された大指揮者の肉声ともいうべき遺稿集。音楽、芸術、人間についての鋭い警句にあふれた論説は、哲人、人間通でもあった巨匠の内面を余すところなく示している。改訳・完訳新版にあたって、初期の論述「一音楽家の時代的考察」を新たに付した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 カレンダーより
  • 第2部 論文と断片(一音楽家の時代的考察
  • 指揮の諸問題
  • 芸術におけるドイツ的なものへの問い
  • 指揮者の仕事道具
  • 精神の死
  • メンデルスゾーン-没後100年の記念日に寄せて
  • ハンス・プフィッツナーの作品
  • フィデーリオ
  • ザルツブルク音楽祭
  • 演奏旅行について
  • 混沌と形象)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽ノート
著作者等 Furtwängler, Wilhelm
芦津 丈夫
フルトヴェングラー ウィルヘルム
書名ヨミ オンガク ノート
書名別名 Vermächtnis

Ongaku noto
出版元 白水社
刊行年月 1988.5
版表示 改訳新版
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4560036829
NCID BN01936757
BN02650749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88044033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想