戦後日本の労働争議  下

藤田若雄, 塩田庄兵衛 編

[目次]

  • 目次
  • VII 王子製紙争議 藤田若雄
  • 一 王子の労使 / p369
  • 二 争議の経過 / p372
  • 三 世評と王子争議 / p393
  • 四 ユニオン・ショップと第二組合 / p401
  • 五 共闘体制と中山斡旋案 / p408
  • 六 入構後の問題 / p414
  • 七 共闘体制の盲点 / p421
  • VIII 北陸鉄道争議 森直弘
  • はしがき / p427
  • 一 北鉄争議の展開過程 / p430
  • 二 争議と組織工作 / p454
  • 三 争議と経営 / p464
  • 四 北鉄争議の教訓 / p474
  • IX 三井三池争議 清水慎三
  • はじめに / p479
  • 一 安保と三池 / p479
  • 二 炭鉱の合理化と三池闘争-組合側の理解の仕方を中心に- / p487
  • 三 三井鉱山の合理化と「特殊三池性」の背景 / p497
  • 四 闘争の経過 / p512
  • 五 三池の第二組合-その一般性と特殊性- / p542
  • 六 支援態勢の発展と共同闘争の挫折 / p555
  • 七 その後の三池-差別待遇と再統一の展望- / p560
  • 八 三池闘争の残したもの / p563
  • X 病院争議 関谷嵐子
  • はじめに / p585
  • 一 病院における労働関係 / p588
  • 二 病院争議、その前史-精神病院争議と結核療養所の紛争- / p602
  • 三 一九六〇-六一年における争議の経過と特徴 / p606
  • 四 東京医労連のケース / p615
  • 五 全日赤のケース / p624
  • むすび / p633
  • 終章 戦後日本労働争議論〔討論〕 出席者 石井弥二郎 氏原正治郎 坂田和恒 塩田庄兵衛 清水慎三 白井泰四郎 高橋洸 戸塚秀夫 中林賢二郎 藤田若雄 森直弘
  • 一 争議調査の課題と方法 / p635
  • 二 戦後資本主義と労働争議の態様 / p645
  • 三 労働争議の日本的特質 / p651
  • 戦後労働争議略年表
  • 戦後労働争議文献目録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後日本の労働争議
著作者等 塩田 庄兵衛
藤田 若雄
書名ヨミ センゴ ニホン ノ ロウドウ ソウギ
巻冊次
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1963
ページ数 706p
大きさ 21cm
NCID BN06801110
BN01934172
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63005081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想