経済取引と犯罪 : 詐欺,横領,背任を中心として

藤木英雄 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 問題目録
  • 序説 / p1
  • 第一部 詐欺、横領、背任名罪の基本的事項 / p7
  • 第一章 詐欺罪 / p7
  • I 総説 / p7
  • II 欺罔と騙取 / p8
  • III 財産上の損害 / p27
  • IV 特殊な問題 / p31
  • 第二章 横領罪 / p35
  • I 総説 / p35
  • II 横領罪の客体 / p36
  • III 不法領得の意思 / p46
  • 第三章 背任罪 / p55
  • I 総説 / p55
  • II 事務処理者 / p58
  • III 任務違背 / p63
  • IV 財産上の損害 / p64
  • V 故意・目的 / p66
  • VI 背任罪の典型的事例 / p68
  • 第四章 詐欺、横領、背任相互の関係 / p70
  • I 詐欺罪と横領罪との関係 / p70
  • II 詐欺罪と背任罪との関係 / p75
  • III 横領罪と背任罪との関係 / p76
  • 第二部 経済取引と詐欺、横領、背任 / p85
  • 第一章 不動産取引と詐欺、横領、背任 / p85
  • I 内金・手附金、代金等の騙取 / p85
  • II 不動産の騙取 / p102
  • III 不動産取引と横領、背任 / p108
  • IV 不動産の処分を委託された者の犯罪 / p133
  • 第二章 動産・有価証券の取引と詐欺、横領、背任 / p140
  • I 動産の売買を手段とする代金の騙取 / p140
  • II 商品騙取の詐欺 / p146
  • III 売買取引の委託をめぐる債務不履行と犯罪 / p149
  • IV 証券取引、商品取引の委託をめぐる犯罪 / p156
  • 第三章 会社、官公署等の役職員・使用人の汚職行為と刑事責任 / p171
  • I 使用人による物品の不正領得行為と刑事責任 / p171
  • II 集金員、外務員と横領、詐欺 / p178
  • 第四章 財産管理上の不正と刑事責任 / p186
  • I 財産の不当な処分と刑事責任 / p186
  • II 職務上保管する金銭の不正な流用・処分 / p192
  • III 財産保管・運用の方法の不当性 / p202
  • IV 官公署における予算の不当な流用および関連問題 / p211
  • V 株式会社役職員の特別背任罪、業務上横領罪 / p217
  • 第五章 金融・債務保証をめぐる諸問題 / p233
  • I 金融機関の放漫貸付をめぐる問題点 / p233
  • II 不正金融・投機行為と横領、背任 / p246
  • III 譲渡担保と横領、背任 / p263
  • 第六章 手形・小切手に関連する詐欺、横領、背任 / p272
  • I 手形・小切手を利用する詐欺罪 / p272
  • II 手形・小切手の騙取と債務負担による二項詐欺 / p286
  • III 手形行為と背任、横領 / p293
  • IV 手形割引、取立の委任と詐欺、横領、背任 / p303
  • 判例索引
  • 事項索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 経済取引と犯罪 : 詐欺,横領,背任を中心として
著作者等 藤木 英雄
書名ヨミ ケイザイ トリヒキ ト ハンザイ : サギ オウリョウ ハイニン オ チュウシン ト シテ
書名別名 Keizai torihiki to hanzai
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1965
ページ数 310p
大きさ 19cm
NCID BN01933737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65003440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想