物理学はいかに創られたか : 初期の観念から相対性理論及び量子論への思想の発展  上巻

アインシュタイン, インフェルト 共著 ; 石原純 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 力學的自然觀の勃興
  • 大きな謎物語 / 3
  • 最初の手がかり / 6
  • ヴェクトル / 15
  • 運動の謎 / 23
  • 殘る一つの手がかり / 39
  • 熱は物質であるか / 45
  • スウィッチバック / 56
  • 換算の割合 / 62
  • 哲學的背景 / 67
  • 物體の運動學的理論 / 72
  • 二 力學的自然觀の凋落
  • 二つの電氣流體 / 85
  • 磁氣流體 / 99
  • 最初の重大困難 / 105
  • 光の速さ / 112
  • 實體としての光 / 116
  • 色の謎 / 120
  • 波動とは何か / 125
  • 光の波動説 / 131
  • 光は縱波か横波か / 143
  • エーテルと力學的自然觀 / 146
  • 三 場・相對性
  • 説明としての場 / 155
  • 場の理論の二つの柱石 / 170
  • 場の實在性 / 177
  • 場とエーテル / 187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 物理学はいかに創られたか : 初期の観念から相対性理論及び量子論への思想の発展
著作者等 Einstein, Albert
Infeld, Leopold
石原 純
インフェルト
アインシュタイン
書名ヨミ ブツリガク ワ イカニ ツクラレタカ : ショキ ノ カンネン カラ ソウタイセイ リロン オヨビ リョウシロン エノ シソウ ノ ハッテン
シリーズ名 岩波新書
巻冊次 上巻
出版元 岩波書店
刊行年月 1950
版表示 7版
ページ数 2冊 図版
大きさ 18cm
ISBN 4004000157
4004000149
NCID BN01933216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50000896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想