零の発見 : 数学の生い立ち

吉田洋一 著

インドにおけるゼロの発見は、人類文化史上に巨大な一歩をしるしたものといえる。その事実および背景から説き起こし、エジプト、ギリシァ、ローマなどにおける数を書き表わすためのさまざまな工夫、ソロバンや計算尺の意義にもふれながら、数字と計算法の発達の跡をきわめて平明に語った、数の世界への楽しい道案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 零の発見-アラビア数字の由来
  • 直線を切る-連続の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 零の発見 : 数学の生い立ち
著作者等 吉田 洋一
書名ヨミ ゼロ ノ ハッケン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1979.4
版表示 改版.
ページ数 181p
大きさ 18cm
ISBN 4004000130
NCID BN00947419
BN01487063
BN01933169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
79017250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想