米はどこから来たか

李家正文 著

一般に、ジャポニカ種として知られる日本の米が、どこで生まれ、どのような経路で極東の島国日本にもたらされたのか?これまでの学説の主流はアッサム起源説に傾き、脚光をあびてきたが、気候、風土、降雨量などで類似性の著しい雲南地方にも、野生の稲の原種があった。雲南の稲はジャポニカ種である。雲南は東南アジアに流れるソンコイ川、メコン川、サルウィン川の河源に位置し、有史以前にこれらの川を溯ってアッサムの稲が中国に伝播することがありえようか。この点に着目して、有史以来の史書や地理書、本草学の古文記を渉猟分析、考古発掘の資料と対照することによって、米のきた道を明らかにした新しい試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 稲が食べられることを知った
  • 野生の稲はどこで生まれたか
  • 雲南で生まれたジャポニカ
  • 四川の稲は雲南から伝わった
  • 山東から朝鮮へ渡る
  • 赤米の島伝いを語る
  • 1200年伝世の正倉院の米〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米はどこから来たか
著作者等 李家 正文
書名ヨミ コメ ワ ドコカラ キタカ
出版元 木耳社
刊行年月 1988.1
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 4839374430
NCID BN01929503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88032229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想