人格主義

エマニユエル・ムーニエ 著 ; 木村太郎 等訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者のことば / p3
  • 人格世界への親しい道案內 / p9
  • 人格主義は一つの体系ではない / p12
  • 人格世界の概観 / p13
  • 人格の観念及び人格の条件の略史 / p16
  • 第一部 人格世界の諸構造 / p27
  • 第一章 肉体をそなえた存在 / p29
  • 人格は自然の中に浸されている / p29
  • 人格は自然を超越する / p31
  • 以上の条件から出てくる諸帰結 / p35
  • 肉体をそなえた存在 / p37
  • 自然の人格化 / p39
  • 自然の人格化における蹉跌。一つの悲劇的楽天主義 / p42
  • 第二章 交わり / p44
  • 個人の自己防衞。個人主義に対する人格主義 / p44
  • 原初的事実としての交わり / p46
  • 交わりにおける蹉跌 / p52
  • 共同体と集団 / p53
  • 人格間の統一について / p57
  • 第三章 内なる転向 / p61
  • 集中(自己へ) / p61
  • 秘密(自己のうちに) / p63
  • 内密性。私的なるもの / p64
  • 深渕の眩暈 / p66
  • 所有から放棄へ / p67
  • 召命 / p69
  • 内面性-客体性の弁証法 / p71
  • 第四章 対決 / p74
  • 独自性。例外的なるもの / p74
  • 絶縁の諸価値。抗議としての人格 / p76
  • ヤコブの闘い。力 / p78
  • 肯定。行為としての人格と選択としての人格 / p80
  • 取消しえないもの / p81
  • 第五章 条件のもとでの自由 / p83
  • 自由は物ではない / p83
  • 自由は単なる噴出ではない / p85
  • 人格の完全なる条件における自由 / p88
  • 選択の自由と同意の自由 / p93
  • 第六章 卓越せる品位 / p95
  • 超越性への具体的な手がかり / p95
  • 超越性の方向 / p98
  • 価値の人格化 / p99
  • 幸福 / p103
  • 科学 / p103
  • 真理。認識に関する人格主義的理論の素描 / p104
  • 道徳的価値。人格主義的倫理学の素描 / p107
  • 芸術。人格主義的美学の素描 / p109
  • 運命の共同性。歴史 / p110
  • 宗教的価値。人格主義と基督教 / p111
  • 価値への道における蹉跌。苦悩。悪。虚無 / p113
  • 第七章 参加 / p115
  • 行動の逸脱 / p115
  • 行動の四次元 / p118
  • 政治的極と予言者的極。参加の理論 / p123
  • 第二部 人格主義と二十世紀の革命 / p129
  • ヨーロッパ的ニヒリズム / p132
  • ニヒリズムの拒否 / p134
  • 経済的社会 / p137
  • 家族社会。性の条件 / p141
  • 国民社会と国際社会 / p145
  • 国家。民主主義。権力に関する人格主義的理論の素描 / p147
  • 人格の教育 / p152
  • 教養 / p154
  • 基督教の位置 / p157

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人格主義
著作者等 Mounier, Emmanuel
木村 太郎
エマニユエル・ムーニエ
書名ヨミ ジンカク シュギ
書名別名 Jinkaku shugi
シリーズ名 文庫クセジュ ; 第86
出版元 白水社
刊行年月 1953
ページ数 160p
大きさ 18cm
NCID BN01928894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53003053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想