国家統合

アンドレ・マルシャル 著 ; 野田早苗 訳

[目次]

  • 目次
  • 日本語版への著者序文 / p3
  • 序論 / p9
  • 一、なにゆえに《国家》統合を語らねばならないか? / p10
  • 二、両次大戦間における国家統合の観念の出現とその現実的成功 / p12
  • 三、展望の変化 / p14
  • 四、通論的問題-統合と最適条件化 / p16
  • 第一章 二つの視点 / p22
  • 一、自由主義的視点-国家統合または市場統合の静態的定義 / p23
  • 二、統制主義的・意図的視点-国家統合または経済統合の動態的定義 / p27
  • 第二章 統合の諸類型 / p35
  • 一、統合の度合 / p36
  • 二、統合の性質 / p41
  • 三、統合の範囲 / p47
  • 第三章 国家統合の諸条件 / p68
  • 一、構造的諸条件-競争的経済と補完的経済 / p69
  • 二、空間的および時間的諸条件 / p78
  • 三、統合が企てられる精神的諸条件 / p85
  • 第四章 国家統合の手段と政策 / p89
  • 一、国家統合の私的手段、すなわち生産者間協定の役割 / p92
  • 二、国家統合の公的手段、すなわち国民的諸国家と共同体諸機関の役割 / p96
  • 三、完全な国家統合を実現するために。私的手段と公的手段とを結合する必要性 / p109
  • 第五章 ヨーロッパ統合と国際貿易 / p114
  • 一、ヨーロッパ六ヵ国の複合的発展と国際貿易の拡大 / p117
  • 二、ヨーロッパ六ヵ国の保護貿易主義と国際貿易の拡大 / p125
  • 結論 ヨーロッパ統合の進展にたいする世界与論の反応 / p133
  • 一、マルクス主義経済学者たち / p133
  • 二、自由貿易地域加盟諸国 / p138
  • 三、ヨーロッパの中立諸国 / p139
  • 四、第三世界の国ぐに / p141
  • 主要参考文献 / p143
  • 訳者あとがき / p144

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国家統合
著作者等 Marchal, André
野田 早苗
アンドレ・マルシャル
書名ヨミ コッカ トウゴウ
書名別名 Kokka togo
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1967
ページ数 146p
大きさ 18cm
NCID BN01927621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67005314
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想