組織の社会学的分析

A.エチオーニ 著 ; 綿貫譲治 監訳

[目次]

  • 目次 / p7
  • 日本語版への序文 / p1
  • 感謝の言葉 / p4
  • 序論 / p1
  • 中範囲の組織理論を目ざしての比較研究 / p1
  • 比較の基準としての服従関係 / p3
  • 服従関係と社会秩序の問題 / p4
  • 本書の構成 / p6
  • 方法と手続き / p8
  • I 分析的組織類型論序説
  • 1 比較の基準としての服従関係 / p12
  • 服従関係の定義 / p12
  • 三種の権力-比較の第一の次元 / p13
  • 関与の三種類-比較の第二の次元 / p15
  • 比較の基準としての服従関係 / p17
  • 組織の下級参加者と組織の境界 / p20
  • 要約 / p24
  • 2 分析的分類-強制的組織と功利的組織 / p25
  • 分類の単位 / p25
  • 強制的組織 / p27
  • 功利的組織 / p30
  • 3 分析的分類-規範的組織と混合組織- / p36
  • 規範的組織 / p36
  • 二元的服従関係構造 / p44
  • 要約 / p52
  • 分類の要約 / p52
  • II 服従関係に関連する諸変数
  • 4 服従関係・目標・有効性 / p56
  • 組織の諸目標 / p56
  • 組織の有効性 / p60
  • 要約 / p68
  • 5 服従関係と組織のエリート / p69
  • 下層エリートの比較研究のための範例 / p69
  • 三つのタイプの組織におけるエリートの比較 / p74
  • 要約 / p94
  • 6 服従関係と文化的統合-合意、コミュニケーション、社会化- / p95
  • 服従関係と合意 / p95
  • 服従関係とコミュニケーション / p101
  • 服従関係と社会化 / p105
  • 要約 / p110
  • 7 服従関係と組織環境-人員補充、範囲、浸透度- / p112
  • 服従関係と人員補充 / p112
  • 範囲、浸透度、服従関係 / p118
  • 要約 / p126
  • 8 凝集性と服従行動 / p128
  • 仲間との凝集性と関与の方向 / p128
  • 関与と凝集性のいくつかの決定要因 / p132
  • 凝集性と帰属の可変性 / p137
  • 凝集性と関与の強度 / p141
  • 要約 / p142
  • 付論-凝集性と仕事への満足感 / p143
  • III 服従関係とカリスマ
  • 9 服従関係とカリスマの分布 / p146
  • 組織におけるカリスマの位置 / p147
  • 三つの構造におけるカリスマの機能 / p152
  • 三つの構造におけるカリスマの逆機能 / p160
  • 連続量としてのカリスマの分布 / p163
  • 要約 / p167
  • 10 カリスマにたいする組織の統制 / p169
  • 統制のメカニズム / p169
  • L構造における統制 / p170
  • R構造における統制メカニズム / p180
  • 要約 / p189
  • IV 服従関係の動態的展望
  • 11 服従関係の併存的な分割と継起的な分割 / p192
  • 分業と服従関係の分割 / p193
  • 服従関係の並存的分割 / p194
  • 服従関係の継起的な分割 / p204
  • 要約 / p214
  • 12 服従関係の研究への動的な見方-補遺- / p216
  • 二つの方法論上の問題 / p216
  • 諸指標を明確化するさいの諸次元 / p221
  • 服従関係の研究の拡大 / p226
  • 注 / p229
  • 訳者あとがき / p267
  • 文献目録 / p5
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 組織の社会学的分析
著作者等 Etzioni, Amitai
綿貫 譲治
A.エチオーニ
書名ヨミ ソシキ ノ シャカイガクテキ ブンセキ
出版元 培風館
刊行年月 1966
ページ数 272, 39p
大きさ 22cm
NCID BN01926141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66007088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想