団結と労働契約の研究

片岡昇 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 団結権 / p1
  • 一 序言 / p1
  • 二 団結の一般的意義 / p5
  • 三 団結権の主体 / p13
  • 四 団結権の内容 / p17
  • 五 結語 / p42
  • 第二章 争議権 / p47
  • 第一節 争議権の性格 / p47
  • 一 序言 / p47
  • 二 争議権の構造的・歴史的性格 / p49
  • 三 争議権の理念的基礎 / p63
  • 四 争議権の内容 / p75
  • 五 争議権の理論構成 / p84
  • 第二節 わが国における争議権の発展 / p88
  • はしがき / p88
  • 一 前期 明治維新から日清戦争まで / p91
  • 二 労働運動の発展と治警法の成立 日清戦争後第一次大戦まで / p107
  • 三 労働運動の再生と解体 第一次大戦後日華事変まで / p135
  • むすび / p176
  • 第三節 同情ストの法理 / p181
  • 一 同情ストの意義 / p181
  • 二 同情ストの正当性 / p191
  • 三 炭労の同情ストについて / p200
  • 第三章 労働契約 / p204
  • 第一節 労働契約の法的性質 / p204
  • はじめに / p204
  • 一 労働契約の原理的基礎 / p205
  • 二 労働契約の本質 / p214
  • 三 当事者の基本義務 / p225
  • 第二節 労働契約と労働関係 / p240
  • 一 問題の提起 / p240
  • 二 西独における学説の対立 / p248
  • 三 東独における批判 / p273
  • 四 若干の結論 / p287

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 団結と労働契約の研究
著作者等 片岡 昇
書名ヨミ ダンケツ ト ロウドウ ケイヤク ノ ケンキュウ
書名別名 Danketsu to rodo keiyaku no kenkyu
出版元 有斐閣
刊行年月 1959
版表示 再版
ページ数 302p
大きさ 22cm
NCID BN01925207
BN06451879
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59006804
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想