ユダヤ人

J-P.サルトル 著 ; 安堂信也 訳

世界中の人びとがユダヤ人に対して抱いている偏見は、実に古くかつ根強い。サルトルは、まったく新しい観点から、数々の具体的事実をあげて、この根深い偏見の源をつきとめ、ユダヤ人問題の本質をはじめて明らかにした。たんにユダヤ人問題のみならず、今日の人種問題に対して正しい解決の方途を示唆した画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜユダヤ人を嫌うのか(ユダヤ人を嫌うのは自由だろうか
  • 嫌う理由があるのだろうか ほか)
  • 2 ユダヤ人と「民主主義」(抽象的民主主義の弱味
  • 抽象的人間と具体的ユダヤ人 ほか)
  • 3 ユダヤ人とはなにか(人間の違いは、その状況と選択による
  • ユダヤ人の状況、人種、宗教、国家、歴史 ほか)
  • 4 ユダヤ人問題はわれわれの問題だ(真の敵は反ユダヤ主義者
  • われわれの目標は具体的な自由主義 ほか)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • I なぜユダヤ人を嫌うのか ユダヤ人を嫌うのは自由だろうか-嫌う理由があるのだろうか-ユダヤ人を嫌うのはどういう人々か-凡庸、因習、事大主義-原始的暴力団-責任の無視-悪魔にされるユダヤ人-善玉、惡玉、聖戦-サディズム-殺人犯-人間の条件への恐怖 / p1
  • II ユダヤ人と「民主主義」 抽象的民主主義の弱味-抽象的人間と具体的ユダヤ人-ユダヤ人の自覚を恐れる「民主主義者」 / p63
  • III ユダヤ人とはなにか 人間の違いは、その状況と選択による-ユダヤ人の状況、人種、宗教、国家、歴史-状況の一致による共同体-同化を拒絶されたユダヤ人-常に脅かされているユダヤ人-ユダヤ人というレッテル-めくらにされたユダヤ人-歴史を取り上げられたユダヤ人-国賊でない証拠を求められて-不安な生活-正統でないユダヤ人の逃げ道-ユダヤ人の反ユダヤ主義-マゾヒズム、理性主義、批判精神-肉体観-「要領の悪さ」-金欲と功利主義-ユダヤ人の感受性と不安観-正統なユダヤ人-正統になつても問題を残る / p69
  • IV ユダヤ人問題はわれわれの問題だ 真の敵は反ユダヤ主義者-われわれの目標は具体的な自由主義-反ユダヤ主義の絶滅-反ユダヤ主義は階級闘争の神秘的・ブルジョワ的あらわれ-社会主義革命こそ必要-それまではどうすべきか-反ユダヤ主義に反抗する連盟を-反ユダヤ主義と国家社会主義-ユダヤ人の自由とわれわれの自由 / p177

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ユダヤ人
著作者等 Sartre, Jean Paul
安堂 信也
Sartre Jean‐Paul
サルトル J‐P.
J-P.サルトル
書名ヨミ ユダヤジン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1956
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4004110793
NCID BN01924769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56002039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想