SDI批判

豊田利幸 著

INF全廃からさらに核廃絶へ進む上での最大の障害、SDI(戦略防衛構想)。それは本当に核兵器を無力化し、時代遅れにするものなのか。ハイテクに多くの副産物をもたらすのか。ソ連も同じことをやっているのか。SDIの危険な実態を暴きながら、様々な幻想や疑問に徹底的な検討を加え、世界を核戦争の恐怖から解放する道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 SDIがあらわれるまで(核戦略のゆきづまり
  • 軍産複合体の肥大)
  • 2 SDIの目的と中味(SDIの呼び名と実体
  • 考えられている各種迎撃兵器
  • SDIの技術的実現可能性)
  • 3 SDI賛成論の誤り(ソ連脅威論
  • ABM条約の解釈をめぐって
  • ハイテク産業への副産物)
  • 4 SDIと市民(人間とそのすみか
  • 科学者と市民)
  • 5 希望をどこに見出すか(軍事的研究・開発の解消
  • 共に生きるための科学と技術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 SDI批判
著作者等 豊田 利幸
書名ヨミ エスディーアイ ヒハン
書名別名 Esudiai hihan
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.2
ページ数 197, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004300118
NCID BN01923529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88029529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想