世界経済入門

西川潤 著

為替相場の激動、株価の暴落、貿易摩擦の深化など、国際経済は、大きく揺れ続けている。こうした今日の世界経済の構造をわかりやすくときほぐし、新しい世界秩序を展望する市民のための入門書。第二版では、ソ連・東欧における市場経済導入をめぐる激変、東西冷戦体制の解体、EC統合への模索、中東情勢の推移など最新の動きを補う。

「BOOKデータベース」より

為替相場の激動、株価の暴落、貿易摩擦の深化など、国際経済はいま大きく揺れ、大恐慌再来への危惧さえ聞かれる。通貨体制は、経済摩擦は、あるいは食糧・資源はどうなるのか。今日の世界経済の構造をわかりやすくときほぐし、新しい世界秩序を展望しながら、日本の進むべき道をさし示す。用語解説・索引を付した万人のための入門書。

「BOOKデータベース」より

世界経済の構造をわかりやすくときほぐし、新しい世界秩序を展望する、市民のための入門書として親しまれてきた『世界経済入門』を全面改訂。グローバル化の進行による激変、EUやNAFTAなど地域経済圏の進展、アメリカを中心とする軍事化の拡大、市民社会の台頭など九〇年代以降の動きを読み解き、日本の進むべき道を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界経済の現状(変わりゆく世界経済
  • 貿易の流れと経済摩擦
  • 多国籍企業と海外投資
  • 国際通貨体制と円)
  • 2 地球経済の諸要因(世界人口はどうなる?
  • 食糧問題のゆくえ
  • エネルギーと資源
  • 工業化と公害・環境)
  • 3 新しい国際経済秩序(南北問題と経済協力
  • さまざまな地域秩序
  • 社会主義圏の経済)
  • 4 世界経済の将来と日本(経済軍事化と平和
  • 世界経済と日本)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界経済の現状(変わりゆく世界経済
  • 貿易の流れと経済摩擦
  • 多国籍企業と海外投資
  • 国際通貨体制と円)
  • 2 地球経済の諸要因(世界人口はどうなる?
  • 食糧問題のゆくえ
  • エネルギーと資源
  • 工業化と公害・環境)
  • 3 新しい国際経済秩序(南北問題と経済協力
  • さまざまな地球秩序
  • 社会主義圏の経済)
  • 4 世界経済の将来と日本(経済軍事化と平和
  • 世界経済と日本)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 二一世紀初頭の世界経済(グローバル化と地域化
  • 貿易の流れと自由貿易協定(FTA)
  • 多国籍企業と海外投資 ほか)
  • 2 地球経済の諸要因(世界人口はどうなる?
  • 食料問題のゆくえ
  • エネルギーと資源 ほか)
  • 3 世界経済の将来と日本(南北問題と地域秩序
  • グローバル化、軍事化と市民社会
  • 新しい豊かさを求めて-日本の選択)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界経済入門
著作者等 西川 潤
書名ヨミ セカイ ケイザイ ニュウモン
書名別名 Sekai keizai nyumon
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1988.2
版表示 第3版
ページ数 218, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4004308941
NCID BA67468986
BB15325167
BN01923518
BN05744259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88029389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想