八重山の人頭税

大浜信賢 著

[目次]

  • 八重山の人頭税 目次
  • 序文 喜舎場永珣 / 1
  • 序文 大浜晧 / 5
  • 自序 / 13
  • 一 人頭税制度 / 25
  • 二 八重山の廃村 / 37
  • <イ>石垣島の廃村 / 41
  • <ロ>西表島の廃村 / 54
  • <ハ>各離島の廃村 / 62
  • <ニ>総括 / 66
  • 三 人頭税時代の八重山地図 / 69
  • 四 南波照間逃避行 / 75
  • <イ>南波照間とは何処なりや / 78
  • <ロ>南蛮貿易の歴史 / 83
  • 五 オヤケ・アカハチの反乱と人頭税 / 93
  • 六 山賊真栄里マニッカ / 97
  • 七 士族・平民の階級制度 / 111
  • 八 盛山村創設とその廃滅--転々と村替えさせられた竹富移民史の一部-- / 117
  • 九 嬰児埋殺 / 123
  • 一〇 人頭税とヌベーマの悲劇 / 131
  • 一一 婦女子の人頭税・貢衣布 / 137
  • 一二 重税の族籍別観察 / 155
  • 一三 海馬--新城島の人頭税 / 163
  • <イ>海馬捕獲 / 163
  • <ロ>海馬捕獲の唄 / 168
  • <ハ>海馬の獄 / 170
  • 一四 与那国島の人口淘汰 / 175
  • <イ>与那国の人口淘汰法 / 175
  • <ロ>人口淘汰の真偽 / 177
  • 一五 総領殺害と多子免税 / 185
  • <イ>総領殺害の物語 / 185
  • <ロ>長男殺害についての異説 / 187
  • 一六 人頭税と民謡勃興 / 193
  • 一七 八重山の受難時代と疫癘 / 205
  • <イ>人口動態について / 205
  • <ロ>八重山の受難時代と二大災害 / 209
  • <ハ>人口回復を遅延させた悪因子 / 212
  • <ニ>疫癘および牛疫 / 213
  • <ホ>兵站基地としての離島 / 220
  • 一八 蔡温の蹉跌 / 223
  • <イ>強制移民の悲劇 / 223
  • <ロ>寄人制度 / 244
  • <ハ>当時の世相と為政者 / 245
  • 一九 人頭税廃止 / 251
  • <イ>人頭税廃止運動の成功 / 251
  • <ロ>宮古農民礼讃 / 253
  • 二〇 マンデーラ船漂流記 / 257
  • あとがき / 277
  • 参考文献 / 278

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 八重山の人頭税
著作者等 大浜 信賢
書名ヨミ ヤエヤマ ノ ジントウゼイ
出版元 三一書房
刊行年月 1971
ページ数 278p
大きさ 23cm
NCID BN01922016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73003686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想