化学が解く海の謎 : 赤潮・マリンスノー・マンガン団塊など

角皆静男 著

[目次]

  • 目次
  • 1 深海水の年齢 / 1
  • 海水と真水の違い / 2
  • 深層水の誕生 / 4
  • 深層大循環 / 6
  • 太平洋深層水の年齢 / 9
  • 海の流れと河の流れ / 12
  • 太平洋深層水の上下混合 / 13
  • 表面水と底層水の鉛直うず拡散係数 / 17
  • 2 海水中の塩分 / 23
  • 原始海水 / 24
  • 塩分の定義 / 27
  • 均一な海水組成 / 29
  • 平均滞留時間の意味 / 32
  • 平均滞留時間の決定 / 34
  • 海水中主成分濃度を制御する因子 / 38
  • 3 海洋における化学平衡 / 45
  • 海洋と実験室の差 / 46
  • 溶解平衡・固溶体の形成 / 48
  • 酸化還元平衡 / 53
  • 錯体の形成 / 55
  • イオン交換と吸着反応 / 59
  • 中和反応 / 61
  • 4 マリンスノーと海水中微量成分 / 67
  • マリンスノー / 68
  • 海水中の粒子 / 69
  • 海水中粒子の大きさによる分類 / 73
  • 海水中粒子の構成成分による分類 / 75
  • 放射化学的トレーサー / 77
  • 放射化学的手法による海洋からの物質除去モデル / 81
  • 運搬役としての糞粒(フィーカルペレット)説の発展 / 89
  • セジメントトラップ実験の方法と問題点 / 91
  • セジメントトラップ実験により得られた結果 / 97
  • マリンスノー説の復活 / 113
  • "溶存態"と粒子の間の可逆性とは? / 114
  • 5 赤潮、生物生産と化学物質 / 117
  • 生物生産制限元素 / 118
  • 栄養塩の分布-太平洋と大西洋の違い / 120
  • レッドフィールド比:生物過程の化学方程式化 / 128
  • 有機物の分解速度と海水の酸素消費速度 / 134
  • 無酸素海水 / 137
  • エルニーニョとアグアヘ(青潮) / 140
  • 低緯度海域における生物生産-赤道湧昇 / 144
  • 高緯度海域における生物生産-スプリングブルーム / 146
  • 世界の海の生物生産量 / 148
  • 赤潮と溶存ケイ酸 / 150
  • 富栄養化とくらげの海 / 154
  • 黒潮域に現われるラン藻赤潮 / 158
  • 6 マンガン団塊と海底で起こる化学的変化 / 163
  • 海底に向かう沈降粒子 / 164
  • 堆積物の主要構成成分 / 166
  • 陸起源粒子の海洋への輸送 / 170
  • 堆積物中の炭酸塩およびオパールの溶解 / 174
  • 堆積物の初期続成過程 / 177
  • 海底土中のカメレオン、マンガン / 179
  • マンガン団塊の成長 / 185
  • 還元環境に沈着するウラン / 192
  • 還元環境から溶出するリン / 194
  • あとがき / 198

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化学が解く海の謎 : 赤潮・マリンスノー・マンガン団塊など
著作者等 角皆 静男
書名ヨミ カガク ガ トク ウミ ノ ナゾ
シリーズ名 共立科学ブックス ; 70
出版元 共立
刊行年月 1985.4
ページ数 200p
大きさ 19cm
ISBN 4320008219
NCID BN01919339
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85044461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想