民法学の対象

宮崎孝治郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 自我の擴大と法 / 1
  • α 自我の擴大と文化 / 1
  • β 文化と法 / 3
  • γ 「歴史は繰返す」という命題は眞か / 9
  • δ 比較法學的研究の必要 / 17
  • 第二章 民法の意義と其對象 / 22
  • α 民法の意義 / 22
  • β 民法の法源 / 34
  • A) 法律 / 35
  • B) 政令 / 38
  • C) 判例法 / 39
  • γ 民法學の對象 / 43
  • 第三章 所有權 / 47
  • α 古代に於ける所有權 / 47
  • β 中世封建制下の所有權 / 59
  • A) 封土 / 73
  • B) 農民保有地 / 79
  • C) 商工業者の所有關係の變遷 / 83
  • γ 近代殊にフランス大革命以後に於ける所有權 / 88
  • A) フランス大革命前後に於ける所有權思想 / 88
  • B) 近代民法典上の所有權 / 92
  • C) 所有權制限への動向と學説的背景 / 94
  • D) 所有權の本質と其運命 / 102
  • 第四章 契約 / 111
  • α 原始時代の契約 / 111
  • β ギリシヤ・ローマ以後の契約思想 / 123
  • γ 中世封建制下に於ける契約 / 130
  • I) 成立形式の差異による契約の種類 / 133
  • A) 要式契約 / 134
  • a) 信約 / 134
  • b) 象徴契約 / 134
  • c) 宣誓 / 135
  • d) 證書契約 / 136
  • B) 要物契約 / 136
  • C) 諾成契約 / 137
  • II) 代當契約 / 138
  • A) 人質契約 / 138
  • B) 保證契約 / 139
  • δ 近代殊にルネッサンス以後に於ける契約思想 / 144
  • A) ルネッサンスよりフランス大革命に至る期間に於ける契約思想 / 144
  • B) 契約自由の原則と資本主義 / 146
  • C) 經濟統制と契約統制 / 152
  • D) 契約より制度への動向 / 155
  • E) 最近に於ける契約學説と契約の運命 / 158
  • F) 「契約環境」 / 161
  • 第五章 家族 / 165
  • α 日本家族小史 / 168
  • I) 上古 / 170
  • II) 中古前期 / 175
  • III) 中古中期 / 184
  • IV) 中古後期 / 192
  • V) 近古 / 207
  • β 家族の經濟的意義 / 216
  • A) 氏族制時代 / 217
  • a) 瑞典型族産の名稱及び目的 / 218
  • b) aerfpa(terra avita)の特質 / 220
  • c) terra avitaの客體 / 221
  • d) terra avitaたる性質は如何にして取得せらるるか / 221
  • e) terra avitaの主體たるべきもの / 224
  • f) terra avitaの處分 / 224
  • B) 家父長制時代 / 227
  • C) 近代的家族制時代 / 231
  • a) 生産主體としての家族 / 234
  • b) 消費主體としての家族 / 235
  • c) 勞働者の供給源としての家族 / 236
  • d) 家族と相續 / 237
  • γ 家族の本質 / 240
  • A) 冥想的觀念論の立場 / 240
  • a) カント / 240
  • b) フイヒテ / 242
  • c) ヘーゲル / 242
  • B) 家族構成の要素と婚姻の本質 / 244
  • C) 新憲法と傳統的家族制度 / 249
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 民法学の対象
著作者等 宮崎 孝治郎
書名ヨミ ミンホウガク ノ タイショウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1948
版表示 再版
ページ数 259p
大きさ 21cm
NCID BN01918766
BN07627937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48011307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想