天皇制

井上清 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 天皇制の歷史 / p1
  • 一 天皇の起源、明治以前の天皇は日本歷史の上でどういう地位にあつたか
  • 二 天皇制の開始、一八六八年の王政復古とその意味
  • 三 天皇・役人・軍人の專制と軍國主義
  • 四 天皇制と地主および財閥
  • 五 神聖な天皇、御めぐみ深い天皇
  • 六 國民の國家か、天皇の國家か
  • 七 天皇制の確立、皇室財産・華族制度の意味、天皇制と學問、憲法の制定
  • 八 天皇と天皇制
  • 日本の警察 / p120
  • 一 警察と軍隊
  • 二 天皇制と警察
  • 三 マッカーサーの『民主警察』
  • 天皇が民を愛したということ / p140
  • 一 天皇は民を愛したか
  • 二 天皇の家族生活に愛情はない
  • 三 ざんこくな天皇も多かつた
  • 四 「帝室制度史」の說の批判
  • 五 やみ夜のちようちん
  • 六 太陽がかがやけばちようちんはいらない
  • 極東裁判と天皇の戰爭責任 / p161
  • 一 法の論理
  • 二 歷史の論理
  • 年號制廢止論 / p185
  • 一 年號は天皇と結びつく
  • 二 年號制の歷史
  • 三 歷史教育への妨げ
  • 四 年號廢止の今日の意義
  • 古い愛國と新しい愛國 / p196
  • 一 古い愛國
  • 二 忠君と愛國は一致しない
  • 三 忠君と愛國は矛盾する
  • 四 國家的獨立と統一のねがい
  • 五 國權主義は國民を危くする
  • 六 愛國主義と國際主義
  • 七 新しい愛國主義
  • 天皇と絕對主義 / p218
  • 一 西歐絕對君主と天皇
  • 二 「萬世一系」の意義
  • 三 絕對主義の成立と天皇の役割
  • 四 天皇陛下と天子樣
  • 五 天皇の「親政」
  • 再軍備と新天皇制 / p238
  • 一 韓信のまたくぐり
  • 二 アメリカ占領軍と「平和主義」
  • 三 「日本の人的資源」の利用
  • 四 君主制の本質と天皇のやくわり

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天皇制
著作者等 井上 清
書名ヨミ テンノウセイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1953
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4130040065
NCID BN01918347
BN07747757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53003558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想