戦後日本の社会事業

日本社会事業大学 編

[目次]

  • 目次
  • 序 木村忠二郎
  • 第一篇 思想と理論
  • 社会事業思想における「近代化」と「国民化」-占領期及び独立講和期を中心に- 吉田久一 / 3
  • 社会事業対象の把握方法 高沢武司 / 29
  • 戦後社会事業理論体系化の諸構想 木田徹郎 / 51
  • 第二篇 方法と技術
  • ケースワーク論の展開-その心理主義への偏向の克服を中心として- 小松源助 / 75
  • ソーシャル・グループワーク成立の要件 窪田暁子 / 97
  • コミュニティ・オーガニゼーション-コミュニティ・オーガニゼーション・ワーカー論からの接近- 副田義也 / 115
  • 第三篇 年金と公的扶助
  • 「国民年金制度」成立史 横山和彦 / 133
  • 保護請求権と争訟権の成立 小川政亮 / 159
  • 公的扶助対象者の処遇 仲村優一 / 195
  • 第四篇 児童福祉事業
  • 児童福祉事業の制度と行政 徳永寅雄 / 209
  • 児童福祉における処遇研究の動向 石井哲夫 / 225
  • 保育所制度の変遷をめぐる諸問題 小宮山主計 / 245
  • 精神薄弱者教育福祉対策 飯田精一 / 263
  • 青少年問題の社会学的解明 竹中和郎 / 281
  • 第五篇 身障・医療・婦人・社会教育
  • 身体障害者対策の変遷 髙瀬安貞 / 311
  • 医療社会事業の理念と展開 坪上宏 / 335
  • 売春問題の展開 五味百合子 / 355
  • 公民館論の再構成-寺中構想と現代の公民館- 小川利夫 / 373
  • 第六篇 社会事業教育と従事者
  • 社会事業教育 木田徹郎 / 393
  • 社会事業従事者の組織とその活動 鷲谷善教 / 405
  • 戦後日本の社会事業略年表 / 423
  • あとがき 吉田久一

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後日本の社会事業
著作者等 五味 百合子
仲村 優一
副田 義也
吉田 久一
坪上 宏
小宮山 主計
小川 利夫
小川 政亮
小松 源助
徳永 寅雄
日本社会事業大学
木田 徹郎
横山 和彦
石井 哲夫
窪田 暁子
竹中 和郎
飯田 精一
高沢 武司
高瀬 安貞
鷲谷 善教
書名ヨミ センゴ ニホン ノ シャカイ ジギョウ
書名別名 Sengo nihon no shakai jigyo
出版元 勁草書房
刊行年月 1967
ページ数 446p
大きさ 22cm
NCID BN01907919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67003510
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想