国民所得分析

Charles L.Schultze 著 ; 塩野谷祐一 訳

監修者: 安井琢磨, 熊谷尚夫;参考文献: 188-189p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 1 はじめに / p1
  • 経済学とはなにか
  • 経済成長
  • 経済不安定
  • 経済活動の相互依存関係
  • 総産出高とその構成-臣視的経済学と微視的経済学
  • なぜ経済学者の意見はしばしばくいちがうのか
  • 要約
  • 以下の予告
  • 2 国民産出高と所得 / p26
  • 国民総生産と国民総所得
  • 産出高の評価
  • GNPの主要な用途
  • 国民総所得
  • 消費者・企業・政府への国民総所得の流れ
  • 支出と国民総所得
  • 潜在的GNP
  • 要約
  • 第2章への付録
  • 3 国民総生産の決定因 / p56
  • 不況のパラドックス
  • 総需要
  • 総需要の決定因
  • 消費・GNP関係(CGR)
  • GNPの決定
  • 均衡的GNPにおける政府支出と課税
  • 租税とCGR
  • 政府購入
  • 乗数
  • 租税の変化
  • 政府の財政政策
  • 経済における自動安定化要因
  • 要約
  • 第3章への付録
  • 4 投資 / p97
  • 投資
  • 企業の工場・設備の購入
  • 加速度因子にたいする制御要因
  • 企業在庫の変化(在庫投資)
  • 住宅建設
  • 要約
  • 5 貨幣・価格およびインフレーション / p125
  • 一般物価水準
  • 物価指数
  • 物価指数の欠陥
  • 物価はどのように変化したか
  • インフレーションの意味
  • 支出とインフレーション
  • 総超過需要
  • 賃金・物価の悪循還
  • 貨幣とインフレーション
  • 外国貿易とインフレーション
  • 租税と財政政策
  • その他の種類のインフレーション
  • 完全雇用と物価安定
  • 要約
  • 6 アメリカの経済成長 / p152
  • 潜在的GNPの測定
  • 成長の源泉
  • 成長率促進の政策
  • 成長と景気循環
  • 要約
  • 参考文献 / p188
  • 訳者あとがき / p191
  • 索引 / p195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民所得分析
著作者等 Schultze, Charles L
塩野谷 祐一
Charles L.Schultze
書名ヨミ コクミン ショトク ブンセキ
書名別名 Kokumin shotoku bunseki
シリーズ名 現代経済学叢書
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1965
ページ数 198p
大きさ 21cm
ISBN 4492811729
NCID BN01907624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65003416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想