法というものの考え方

渡辺洋三 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • I 問題の所在 / p1
  • II 市民法の考え方 / p15
  • 1 市民社会 / p15
  • 2 「契約は守らなれけばならない」 / p20
  • 自由・平等・独立な市民 / p20
  • 契約における自由と拘束 / p24
  • 3 日本人の契約観 / p28
  • 4 日本人の所有観 / p39
  • III 市民国家と法の支配 / p50
  • 1 「法は守らなれけばならない」 / p50
  • 絶対主義時代の法 / p50
  • 法の支配と人権 / p54
  • 明治憲法と法治主義 / p60
  • 権力的・家父長制的法律観 / p60
  • 法にたいする国家権力の優越性 / p64
  • 形式的法治主義 / p69
  • 3 日本国憲法と法の支配 / p73
  • 法は守られているか / p73
  • 法治主義のために / p77
  • 4 国家と国民との関係は法的に対等である / p83
  • 司法権と行政権 / p83
  • 行政行為の特権に関する古い孝えかた / p86
  • 公定力・自力執行力の問題 / p97
  • IV 社会法の孝え方 / p105
  • 1 市民法と社会法 / p105
  • 市民法の抽象性・形式性 / p105
  • 社会問題の発生と社会法 / p111
  • 2 社会法と生存権 / p118
  • 市民的利害の対立と階級的・階層的利害の対立 / p118
  • 社会法の特色 / p121
  • 日本における社会法の孝えかた / p129
  • 3 社会法と国家の役割 / p136
  • 粉争調整者としての国家 / p136
  • 企業経営者としての国家 / p146
  • 社会保障と現代国家 / p155
  • V 法の解釈と裁判 / p173
  • 1 立法と法解釈 / p173
  • ことばの厳密性 / p173
  • 行政法規の立法と解釈 / p177
  • 2 法解釈という人間行動 / p185
  • 裁判所の解釈と行政解釈 / p185
  • 実践的法解釈 / p190
  • 解釈による法の創造 / p197
  • VI 二つの法律観 / p213

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 法というものの考え方
著作者等 渡辺 洋三
書名ヨミ ホウ ト イウ モノ ノ カンガエカタ
書名別名 Ho to iu mono no kangaekata
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1959
版表示 第13刷
ページ数 221p
大きさ 18cm
NCID BN01907045
BN09727590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59009459
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想