臨床肝癌  2

遠藤康夫[ほか]編

[目次]

  • 1 臨床と病理の相関
  • 2 肝細胞癌の転移(胆管内増殖
  • 血管内侵襲、骨転移、脾臓転移)
  • 3 肝細胞癌の地域差-日本とアフリカ、中国の比較
  • 4 症状・臨症経過・予後(肝細胞癌
  • 胆管細胞癌
  • 肝芽腫
  • 転移性肝癌
  • 良性腫瘍)
  • 5 診断(早期発見へのアプローチ
  • 生化学的・免疫学的診断
  • 肝細胞の癌化に伴う糖タンパク質糖鎖構造の変化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床肝癌
著作者等 遠藤 康夫
書名ヨミ リンショウ カンガン
書名別名 症状・診断
シリーズ名 現代医科学大系
巻冊次 2
出版元 講談社
刊行年月 1988.2
ページ数 202p
大きさ 31cm
ISBN 4061883127
NCID BN01906188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88017327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
症状・診断 遠藤康夫 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想