象徴主義と世紀末芸術

ハンス・H.ホーフシュテッター 著 ; 種村季弘 訳

本書において、著者は、サンボリスムを、孤立した現象としてではなく、中世晩期-マニエリスム-ロマン派-サンボリスム-現代芸術という、アリアドネの糸の一環として総体的関連のうちにながめ、逆にサンボリスムを手掛りにして大きなコンテキストをたえず確認しようと試みる。著者ハンス・H・ホーフシュテッターは、さきに同じ訳者によって訳出された「迷宮としての世界」の硯学G・R・ホッケの弟子であり、本書はこのマニエリスム研究と照応し相補う位置におかれる労作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 19世紀のサンボリスム的相貌
  • 2 19世紀芸術におけるサンボリスム
  • 3 サンボリスムの様式フォルム
  • 4 サンボリスムの表象世界
  • 5 付録-文献資料集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 象徴主義と世紀末芸術
著作者等 Hofstätter, Hans Hellmut
種村 季弘
ホーフシュテッター ハンス・H.
書名ヨミ ショウチョウ シュギ ト セイキマツ ゲイジュツ
書名別名 Symbolismus und die Kunst der Jahrhundertwende
出版元 美術出版社
刊行年月 1981.7
版表示 〔新装版〕
ページ数 380p 図版30枚
大きさ 22cm
ISBN 4568201195
NCID BN01904852
BN0669680X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81043325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想