現代日本経済論

正村公宏 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序章 日本経済分析の方法と視角 / p1
  • 一 経済学と現状分析 / p1
  • 二 日本経済の特殊性 / p5
  • 三 現代資本主義と日本経済 / p10
  • I 構造
  • 第1章 工業水準と産業構造 / p20
  • 一 日本経済の基礎構造 / p20
  • 二 工業水準と産業構造 / p24
  • 三 工業化と近代化 / p30
  • 第2章 就業構造と賃金格差 / p37
  • 一 二重構造論の登場 / p37
  • 二 二重構造の解消過程 / p42
  • 三 経済成長と二重構造 / p47
  • 第3章 貿易構造と国際収支 / p57
  • 一 戦前の日本と貿易問題 / p57
  • 二 戦後日本の貿易構造 / p61
  • 三 輸出構造の高度化 / p65
  • 四 高度成長と輸出 / p69
  • 五 貿易問題の新段階 / p73
  • II 体制
  • 第4章 産業体制と企業集団 / p78
  • 一 戦前の財閥支配 / p78
  • 二 戦後における企業間競争 / p82
  • 三 ワンセット主義説とその批判 / p87
  • 四 経済成長と資金調達パターン / p95
  • 五 後進性と現代性 / p100
  • 第5章 資本蓄積と金融・財政 / p107
  • 一 国家独占資本主義の形成 / p107
  • 二 インフレーションと社会化 / p112
  • 三 国際競争と投資拡大 / p118
  • 四 大企業への融資集中と社会的不均衡 / p124
  • 第6章 階級構成と所得分配 / p133
  • 一 零細農民と低賃金労働者 / p133
  • 二 戦後の民主化と社会構成 / p138
  • 三 生活水準上昇の機構 / p144
  • 四 成果と限界 / p150
  • III 動態
  • 第7章 戦後日本の経済成長 / p160
  • 一 「戦後」と経済成長 / p160
  • 二 日本資本主義と高成長 / p163
  • 三 「後進性」説の問題点 / p168
  • 四 経済拡大の諸条件 / p174
  • 五 消費増大と重化学工業化 / p180
  • 第8章 経済成長と設備投資 / p185
  • 一 設備投資の役割 / p185
  • 二 設備投資と需要の伸び / p191
  • 三 資本係数と「転型期」説 / p198
  • 四 経済成長と政策選択 / p206
  • 第9章 構造変化と物件問題 / p216
  • 一 消費者物価と卸売物価 / p216
  • 二 労働力需給の変化と物価 / p219
  • 三 大企業部門と物価 / p225
  • 四 現代資本主義と物価 / p230
  • 五 物価対策の諸問題 / p236
  • IV 政策
  • 第10章 戦後の世界構造と日本 / p244
  • 一 冷戦体制の成立と日本 / p244
  • 二 日本資本主義と「経済自立」 / p250
  • 三 「自由化」の意義 / p255
  • 四 「自由化」への対応策 / p261
  • 五 冷戦構造と体制選択 / p266
  • 第11章 戦後民主主義と経済政策 / p270
  • 一 戦後の改革の性格 / p270
  • 二 新自由主義的路線の位置 / p274
  • 三 戦後日本経済と計画化 / p280
  • 四 戦後の体制の欠陥・限界 / p286
  • 五 新しい課題への対応 / p292
  • 第12章 現代資本主義と民主的改革 / p299
  • 一 戦後体制改革の時代 / p299
  • 二 政策提言の方法と意義 / p304
  • 三 改革の主体と条件 / p310
  • 四 現代資本主義と計画 / p318
  • 五 新しい社会主義 / p322

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代日本経済論
著作者等 正村 公宏
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ケイザイロン
書名別名 Gendai nihon keizairon
出版元 日本評論社
刊行年月 1968
ページ数 327p
大きさ 19cm
NCID BN01902799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想