国際政治 : 恐怖と希望

高坂正尭 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 序章 問題への視角 / p3
  • I 権力闘争の変質 / p4
  • 「複雑怪奇」
  • 国際政治を見る目
  • 国際政治の変質
  • 問題のありか
  • II 国際政治の三つのレベル / p13
  • 善玉・悪玉説
  • 問題の単純化
  • 常識の数だけ正義はある
  • 第一章 軍備と平和 / p21
  • I 勢力均衡 / p22
  • 均衡策の起源と性格
  • 勢力均衡原則の欠陥
  • 第一次世界大戦の性格
  • 総動員される国民
  • II 軍備縮小 / p37
  • 原則的賛成と不実行
  • 公正な軍備縮小の困難
  • 権力闘争との結びつき
  • 核の管理と保証
  • ホップス的恐怖の状況
  • III 軍備規制と一方的段階的軍縮 / p52
  • 『三酔人経論問答』のジレンマ
  • ダレスの大量報復理論
  • 軍備の相互的自制
  • 対立国間の交流
  • 中国の核兵器開発
  • 軍備規制の心理的危険
  • 一方的段階的軍縮の困難
  • 第二章 経済交流と平和 / p77
  • I 経済と権力政治 / p78
  • 自由貿易の楽観論
  • 他国の富の二重の機能
  • ルソーの悲観論
  • 工業化と権力政治
  • 工業化による大衆の動員
  • II 権力政治と経済交流の分離 / p93
  • 米ソの勢力圏
  • 支配‐従属関係の終了
  • 協力か従属か
  • 経済統合のための闘争
  • III エゴイズムと相互の利益 / p106
  • 南北問題
  • 自尊心の問題
  • 自国中心の態度と制度
  • 経済開発の前提条件
  • 国家形成の難問
  • 第三章 国際機構と平和 / p121
  • I 強制力の問題 / p122
  • 国際機構のジレンマ
  • 正義は複数個ある
  • 国際機構の強制力
  • 朝鮮戦争の教訓
  • II 世論の力 / p139
  • フォーラムとしての国際連合
  • 世論の力と実力
  • 国際連合の二つの機能
  • 世論に対する受容性
  • III 国際連合の意味 / p152
  • 権力政治は変った
  • 威信の政策と体制の政策
  • 政治の場としての国際連合
  • 休戦ライン
  • 国際連合の力の限界
  • UNプレゼンス方式
  • 国際連合の権威
  • 終章 平和国家と国際秩序 / p177
  • I 国際社会と国内体制 / p178
  • 帝国主義論
  • 平和国家の現実
  • 「悪は弱さから生まれる」
  • II 現実への対処 / p192
  • 国家の行動準則の欠如
  • 現実主義の立場
  • 絶望と希望
  • 参考文献 / p205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国際政治 : 恐怖と希望
著作者等 高坂 正尭
書名ヨミ コクサイ セイジ : キョウフ ト キボウ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1966
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4121001087
NCID BN01900341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66007422
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想