現代芸術の美学

竹内敏雄 著

[目次]

  • 現代芸術の美学 目次
  • はしがき
  • 序説--現代芸術の状況と美学の諸問題-- / p1
  • 1 芸術と技術との接近 / p3
  • 2 写実から抽象への転換 / p12
  • 3 存在否定=無の芸術 / p21
  • 4 価値否定=惡の芸術 / p34
  • I 美学と技術哲学--芸術哲学の基礎づけのために-- / p45
  • 1 美的技術としての芸術 / p46
  • 2 美と技術とのくひちがひ / p50
  • 3 テクネーの哲学への要請 / p60
  • 4 技術哲学の地位と美学に対する関係 / p64
  • 5 芸術における技巧の問題 / p74
  • II 技術美の美学 / p80
  • 1 技術美と有用性 / p81
  • 2 技術の機能美 / p88
  • 3 機能と形式 / p95
  • 4 技術美の地位 / p107
  • 5 機械芸術の可能性 / p116
  • III 偶然の芸術? / p126
  • 1 諸芸術における偶然性の現象 / p126
  • 2 技術としての芸術の偶然性と非偶然性 / p130
  • 3 芸術の必然性 / p136
  • 4 芸術におけるテクネーとテユケー / p142
  • 5 偶然性芸術の自然美的性格 / p147
  • 6 芸術の現実への開放 / p152
  • IV 抽象美術の問題 / p157
  • 1 抽象と具象 / p157
  • 2 実在的形式と仮象的形式 / p162
  • 3 純粋絵画と再現絵画 / p170
  • 4 直覚的言語と概念的言語 / p179
  • 5 抽象美術の二方向 / p184
  • 6 絵画の建築的構成 / p187
  • 7 絵画の音楽的表出 / p194
  • 8 現象描写としての絵画 / p202
  • 9 本質の絵画的表現 / p208
  • 10 芸術体系における絵画の位置 / p216
  • V 抽象画と抽象詩 / p227
  • 1 詩画の交流 / p227
  • 2 純粋詩の抽象性 / p234
  • 3 抽象画の抒情詩的性格 / p243
  • 4 抒情詩的芸術の技術化 / p253
  • 5 芸術の非人間化 / p258
  • 6 現代詩画におけるコスミズム / p269
  • a コスモスの抽象的象徴 / p272
  • b コスモスの詩的象徴 / p277
  • c 秘教的幽暗性 / p285
  • VI 生なきものの美 / p291
  • 1 石庭の美 / p291
  • 2 普遍的存在の象徴 / p294
  • 3 個性的人格の象徴 / p301
  • VII 美と惡--サルトルのジュネ論について-- / p306
  • 1 カロカガティアからカロカキアへ / p306
  • 2 惡の仮象性 / p309
  • 3 惡の想像的性格 / p316
  • 4 惡人と耽美家 / p320
  • 5 実存的倫理と美 / p328
  • 6 美と惡との存在論的親近 / p337
  • VIII 惡漢の悲劇 / p342
  • 1 アリストテレスの悲劇的人物の規定 / p342
  • 2 道徳善への要請 / p347
  • 3 惡の悲劇と惡人自身の悲劇 / p353
  • 4 倫理的価値の破却 / p358
  • 5 人間的大きさの滅亡 / p364
  • 6 実存的根元惡の象徴 / p375
  • 7 惡漢悲劇の困難性 / p391

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代芸術の美学
著作者等 竹内 敏雄
書名ヨミ ゲンダイ ゲイジュツ ノ ビガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1967
ページ数 395p 図版
大きさ 22cm
NCID BN01898884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67000893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想