北原白秋 : 大正期童謡とその展開

佐藤通雅 著

現代にうたいつがれる大正期童謡の魅力は?『赤い鳥』を中心に起こった"大正期児童文学ルネッサンス"の気運のなかで、北原白秋を起点とした創作童謡の成立をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 白秋童謡の起点(わらべうた調
  • 『小学唱歌集』の問題点
  • 「小学唱歌々詞批判」)
  • 第2章 童謡の漂流『思ひ出』
  • 第3章 童謡の展開(初期の童謡
  • 童謡評価の問題
  • 童謡の展開
  • 『月と胡桃』・大正期童謡の終焉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北原白秋 : 大正期童謡とその展開
著作者等 佐藤 通雅
書名ヨミ キタハラ ハクシュウ
シリーズ名 叢書=児童文学への招待
出版元 大日本図書
刊行年月 1987.12
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 447716937X
NCID BN01898341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88016404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想