ルカーチ著作集  8

ルカーチ G.【著】<Luk'acs Georg>;佐々木 基一〔ササキ キイチ〕;浦野 春樹;池田 浩士〔イケダ ヒロシ〕;菅谷 規矩雄〔スガヤ キクオ〕;好村 冨士彦【訳】〔コウムラ フジヒコ〕

徹底した現実反映論を基調とするリアリズム理論を展開した1930年代の諸論文。ひとつの普遍的な世界観にまで昂まったマルクス主義美学が、今なお新鮮なインパクトを与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芸術と客観的真実
  • ブルジョア美学における調和的人間の理想
  • 作中人物像の知的相貌
  • 物語か記述か
  • 表現主義の「偉大さと没落」
  • リベラリズムとデモクラシーの闘い-ドイツ反ファシスト作家の歴史小説に映してみた
  • リアリズムが問題だ
  • ゼーガース=ルカーチ往復書簡
  • 作家と批評家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルカーチ著作集
著作者等 Lukács, György
佐々木 基一
好村 冨士彦
池田 浩士
浦野 春樹
菅谷 規矩雄
ルカーチ G.
書名ヨミ ルカーチ チョサクシュウ
書名別名 リアリズム論
巻冊次 8
出版元 白水社
刊行年月 1987.4
版表示 2版.
ページ数 534p
大きさ 20cm
ISBN 4560022585
NCID BN01193368
BN01893428
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87031772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
リアリズム論 佐々木基一 ほか, 佐々木 基一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想