大黒屋光太夫

亀井高孝 著

伊勢白子の船頭光太夫は、露領の北海小島に漂着してつぶさに辛酸をなめ、国都ペテルブルグに至り、女帝に拝謁を許され、日露国交開始の橋渡しとして漸く11年後に送還された。著者はの数奇な運命児を単に漂泊中の足跡をたどって追究するだけでなく、わが鎖国下の国際情勢を緻密に分析しつつ、ダイナミックに描き出した。

「BOOKデータベース」より

付: 主要参考文献340-341p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 鎖国までの日欧関係概観
  • ロシアの極東進出 日本近海出没
  • 天明年間の北地探検
  • 白子町の概況
  • 神昌丸の漂流
  • 窮北小島生活の4年
  • レセップスの光太夫観
  • 救いの神ラックスマン
  • 女帝の殊遇
  • 悲願の達成 漂泊最後の旅
  • 修交使節派遣の経緯
  • 史上最初の日露交渉
  • 帰還者のその後
  • 故国にあてた書簡
  • 全世界言語比較辞典への寄与
  • ロシア語の造詣
  • ソフィアの歌
  • 光太夫の人間像
  • 将来品について
  • 抜荷説について
  • 新蔵そのほかロシアに居残った漂民はどうなったか
  • 大黒梅陰のこと
  • レザノフ渡来とその波紋
  • マカートニー使命の夢
  • ペリーとプーチャチン

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序説
  • 一 鎖国までの日欧関係概観 / p1
  • 二 ロシアの極東進出 日本近海出没 / p12
  • 三 天明年間の北地探検 / p21
  • 四 白子町の概況 / p29
  • 本篇
  • 五 神昌丸の漂流 / p38
  • 六 窮北小島生活の四年 / p45
  • 七 レセップスの光太夫観 / p56
  • 八 救いの神ラックスマン / p73
  • 九 女帝の殊遇 / p82
  • 一〇 悲願の達成 漂泊最後の旅 / p94
  • 一一 修交使節派遣の経緯 / p112
  • 一二 史上最初の日露交渉 / p126
  • 一三 帰還者のその後 / p141
  • 一四 故国にあてた書簡 / p171
  • 一五 全世界言語比較辞典への寄与 / p181
  • 一六 ロシア語の造詣 / p196
  • 一七 ソフィアの歌 / p211
  • 一八 光太夫の人間像 / p219
  • 一九 将来品について / p237
  • 二〇 抜荷説について / p258
  • 二一 新蔵そのほかロシアに居残った漂民はどうなったか / p263
  • 二二 大黒梅陰のこと / p283
  • 余説
  • 二三 レザノフ渡来とその波紋 / p291
  • 二四 マカートニー使命の夢 / p307
  • 二五 ペリーとプーチャチン / p314
  • 略年譜 / p335
  • 主要参考文献 / p340
  • あとがき / p342

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大黒屋光太夫
著作者等 亀井 高孝
日本歴史学会
書名ヨミ ダイコクヤ コウダユウ
書名別名 Daikokuya kodayu
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1964
版表示 〔新装版〕
ページ数 346p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4642050671
NCID BN01891604
BN12139568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64006650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想