発掘 : 遺跡をして語らせる

曽野寿彦 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • I 遺跡をして語らしめよ / p3
  • 失われた人間生活の場
  • さまざまな遺跡
  • 遺跡-あるカタストローフ
  • 発見を導いた偶然と信念
  • 歴史をひもとく科学的な発掘
  • 謙虚に慎重に
  • II 遺跡の観察と試掘 / p29
  • コトシュの遺跡
  • 予備調査
  • 発掘地点の選定
  • トレンチの功罪
  • III 発掘は進む / p46
  • 試掘の失敗
  • 層位の逆転
  • 層位と土器の変化
  • 編年の想定
  • 確立された編年
  • 遺跡の正体
  • 神殿址としての証拠
  • あらわれた手の浮彫り
  • IV 層位の追究 / p81
  • テルとは
  • 豊沃な三日月地帯
  • 切りあった石の壁
  • 煉瓦の組み方、上塗り
  • 方位と尺度
  • 埋葬法と文化
  • 首のない人骨
  • V 発掘の協同と分担 / p110
  • 発掘の日課
  • 作業の分担
  • 時間割交替制
  • 専属の写真班
  • 写真撮影上の注意
  • 発掘の意図にそった測量
  • VI 現地の人とともに / p132
  • シャルガーティたち
  • その結束のつよさ
  • 人夫たちの葛藤
  • 人夫の訓練
  • VII 出土品の整理と分類 / p151
  • 遺物の処理
  • 遺物の登録
  • 現場での遺物の整理
  • 女性ならではの仕事
  • 土器片の整理
  • 写真による遺物索引
  • VIII 発掘作業はつづく / p172
  • 事実で対決する歴史
  • 発掘報告書
  • 装備と生活 / p181
  • 付録 発掘器具一覧
  • ギャプ遺跡における層位別の文様分布

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 発掘 : 遺跡をして語らせる
著作者等 曽野 寿彦
書名ヨミ ハックツ : イセキ オ シテ カタラセル
書名別名 Hakkutsu
シリーズ名 中公新書 ; 38
出版元 中央公論社
刊行年月 1964
ページ数 191p 地図
大きさ 18cm
NCID BN01887888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64006828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想