鴻池善右衛門

宮本又次 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一 鴻池家の遠祖山中鹿之助幸盛 / p1
  • 第二 始祖新六幸元 / p14
  • 一 新六幸元のおいたち / p14
  • 二 発祥の地鴻池村 / p17
  • 三 訛伝の発生 / p22
  • 第三 酒造家としての鴻池 / p24
  • 一 清酒の醸造と鴻池家の酒造業 / p24
  • 二 清酒の江戸積 / p31
  • 三 新六とその一族 / p38
  • 四 始祖新六の業績と長逝 / p41
  • 第四 初代善右衛門正成 / p46
  • 一 海運業の開始 / p46
  • 二 海運業の発展と両替業の開始 / p53
  • 三 正成の人物 / p58
  • 四 顕孝庵の建立 / p60
  • 五 鴻池一門の塋域 / p63
  • 第五 二代喜右衛門之宗 / p66
  • 一 人物と性格 / p66
  • 二 岡山藩の漕米 / p69
  • 三 江戸時代の三貨と両替商の業態 / p70
  • 四 十人両替としての鴻池 / p80
  • 五 鴻池家の今橋開店 / p82
  • 六 延宝の拡張 / p86
  • 七 掛屋として鴻池屋 / p89
  • 八 大名貸の開始 / p95
  • 九 熊本藩との関係 / p101
  • 第六 三代善右衛門宗利 / p104
  • 一 大名貸と諸藩との関係 / p104
  • 二 大名貸の有利性と危険性 / p107
  • 三 大名貸の神文手形 / p111
  • 四 町人との取引 / p116
  • 五 捕鯨業者への貸銀 / p119
  • 六 神仏への寄進 / p122
  • 七 岡山藩の江戸漕米 / p126
  • 八 海運事業と鴻池船の役割 / p128
  • 九 今橋本邸の拡張 / p136
  • 一〇 三代宗利とその一族 / p141
  • 一一 鴻池新田の開発 / p146
  • 一二 鴻池の家訓及び店則 / p168
  • 第七 その後の鴻池 / p174
  • 一 十人両替としての鴻池の変遷 / p174
  • 二 鴻池大名貸の発展 / p179
  • 三 鴻池家営業の特徴 / p184
  • 四 鴻池と御用金 / p195
  • 五 天保十四年の御用金と鴻善 / p201
  • 六 幕末の御用金と鴻池 / p208
  • 七 新撰組と鴻池 / p212
  • 八 鴻池の家風 / p216
  • 九 明治維新と鴻池 / p227
  • 一○ 明治時代の鴻池 / p235
  • 一一 鴻池家の性格と運命 / p242
  • あとがき / p260
  • 鴻池家略年表 / p263
  • 参考文献一覧 / p274

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鴻池善右衛門
著作者等 宮本 又次
日本歴史学会
書名ヨミ コウノイケ ゼンエモン
シリーズ名 人物叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1958
ページ数 277p 図版
大きさ 18cm
NCID BN01885408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58014317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想