売主瑕疵担保責任の研究

柚木馨 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 かし担保責任の史的発展 / p1
  • 第一節 ローマ法における売主かし担保責任 / p1
  • 第一款 按察業訴権 / p1
  • 第一項 按察官訴権出現当時における売主の市民法上の責任 / p1
  • 第二項 出現当時における按察官訴権 / p7
  • 第三項 按察官訴権の発展(信頼保護) / p12
  • 第二款 ローマ市民法におけるdolusに基づく売主かし担保責任の発展 / p20
  • 第一項 悪意責任の発展過程 / p20
  • 第二項 信頼利益の賠償より履行利益の賠償へ / p25
  • 第三項 結語 / p38
  • 第三款 ローマ市民法におけるdictum promissumに基づく売主かし担保責前の発展 / p39
  • 第一項 古市民法におけるこの責任 / p39
  • 第二項 古典時代におけるこの責任 / p42
  • 第三項 結語 / p57
  • 第四款 按察官訴権と買主訴権との交渉 / p58
  • 第一項 問題の所在 / p58
  • 第二項 按察官告示の適用範囲の拡張 / p60
  • 第三項 かし自体に基づく買主訴権 / p65
  • 第四項 ビザンチンの修正-減額訴権のビザンチン的性格 / p73
  • 第五項 結語 / p77
  • 第二節 ゲルマン固有法における売主かし担保責任 / p78
  • 第一項 問題の概観-ローマ法とゲルマン法 / p78
  • 第二項 ハンザ法 / p82
  • 第三項 スカンヂナヴィア固有法 / p99
  • 第四項 結語 / p105
  • 第三節 結語 / p106
  • 第二章 現代の立法例におけるかし担保責任 / p113
  • 第一節 フランス民法 / p113
  • 第二節 ドイツ法 / p116
  • 第三節 スウィス債務法 / p135
  • 第四節 英米法 / p142
  • 第五節 国際動産売買統一法草案 / p153
  • 第六節 日本法 / p158
  • 第三章 わが国におけるかし担保責任論 / p166
  • 第一節 根拠および適用範囲 / p167
  • 第一項 特定物売買における善意・無保証の売主の責任 / p167
  • 第二項 特定物売買における悪意のまたは保証した売主の責任 / p207
  • 第三項 不特定物売買における売主の責任 / p220
  • 第四項 要素の錯誤との関係 / p273
  • 第二節 要件 / p295
  • 第一項 特定物の売買 / p295
  • 第二項 目的物のかし / p299
  • 第三項 隠れたかし / p329
  • 第四項 責任の排除 / p336
  • 第三節 効果 / p342
  • 第一項 序説 / p342
  • 第二項 解除 / p361
  • 第三項 損害賠償 / p382
  • 第四節 商事売買における特則 / p394
  • 第一項 序説 / p394
  • 第二項 商法第五二六条の適用範囲 / p399
  • 第三項 商法第五二六条の内容 / p408
  • むすび-採来への展望 / p422
  • 第一項 むすびの序 / p422
  • 第二項 レジュメ / p423
  • 第三項 動産(不特定物)売買における理想図-国際動産売買統一法草案と標準動産売買約款との検討 / p433

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 売主瑕疵担保責任の研究
著作者等 柚木 馨
書名ヨミ ウリヌシ カシ タンポ セキニン ノ ケンキュウ
書名別名 Urinushi kashi tanpo sekinin no kenkyu
シリーズ名 神戸法学双書 ; 3
出版元 有斐閣
刊行年月 1963
版表示 オンデマンド版
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 4641904162
NCID BA77805925
BN01881531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63010350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想